« はみだし競馬ファンの週末日記 11月18日(日) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 11月22日(木) »

2007年11月21日 (水)

はみだし競馬ファンの週末日記 11月20日(火)

先週の土曜日、京都競馬場で開催されている「武豊と京都競馬場」展を覗きに行ってきました。

 

 

 

 

JRA通算3000勝の記念に武豊騎手へ贈呈された「金の鞍」も展示されていました。

眩しすぎです。


 

武豊検定にも参加してきました。

10問くらいの問題ですが、すぐ横にある展示の内容をみれば全部答えられる問題になっています。

先日武豊検定の記事を書いたときに馬々の黄昏的日記のguiguiさんがコメントしてくださった問題が第1問目だったので思わず笑ってしまいました。
(1問は確実に正解です。guiguiさんありがとうございました。)

武豊騎手はお父さんが「ターフの魔術師」といわれた名手、武邦彦元騎手(現調教師)の息子ということもあり(関係ないけど、実は私は邦彦さんの大ファンです)デビュー当時から注目され、今や競馬という枠を超えるほどのトップジョッキーです。

だけど、当たり前のことですがトップがいるという事は、最下位のも騎手いるということです。

「ぼく、競走馬です。成績次第の厳しい世界で生きています」

というセリフのCMがありますが、成績次第なのは騎手も同じです。

※以前おかぴぃさんおかぴぃのおかぴな競馬予想でこのCMの動画を紹介されていました。メイキングの動画もみられます。
(おかぴぃさん、古い記事をリンクしてしまってすみません。)

何年か前に谷中公一元騎手が「崖っぷちジョッキー―負けてたまるか!」いう本を出されていましたが、勝ち鞍どころかレースで騎乗することすら、なかなかできない騎手もたくさんいるのです。というかそんな騎手の方が多いかもしれません。

よく人気薄の馬で馬券に絡んでくれる、私のお気に入り上位騎手の中村将之騎手も崖っぷちではないですが、ブログを読んでいる限りでは決して順調な騎手生活ではないようです。

なにしろブログ名が「騎手人生☆波瀾万丈」です。

中村将之騎手はデビュー3年目で11月19日現在、騎手リーデング48位。

結構上位の方なのですが、それでも大変みたいなのです。
今年まだ1勝もしていない騎手もいるわけですから、本当に厳しい世界です。

中村将之騎手のブログは更新は少ないですが、日々の気持ちや馬や仕事への思い、自厩舎の馬の写真など、特に競馬ファンでなくても普通に読めるブログなのでよかったら訪問してみて下さい。

華やかにみえる競馬界ですが、毎日の馬の世話や勝つことの難しさ、生き物相手の事なので悲しい出来事もたくさんあります。
(実際に中村将之騎手も、昨年のセイシュンジダイでの事故以来、精神的にもつらい時期を過ごしていたようです。)

そんないろんなことが少し身近に感じられると思います。

中村将之騎手のブログ「騎手人生☆波瀾万丈

中村 将之(なかむら まさゆき)騎手
出身地 愛知県
初免許取得年 2005年
所属 栗東

キラキラ輝く華やかな人気騎手も好きですが、何気に大穴をあけてくれる人気薄騎手も大好きです。
これからも厳しい世界で頑張る人気薄騎手を応援していきたいと思っています。

頑張れ、人気薄騎手!

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ
総合検索エンジン ひかりサーチ

« はみだし競馬ファンの週末日記 11月18日(日) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 11月22日(木) »

コメント

こんにちは(o^-^o)
ある程度結果を残さなければ評価されないのはどの世界も同じかもしれませんが、結果・評価が即数字として現れてしまう競争の世界では、プレッシャーや重圧感も並大抵のものでは無いと思います。
華やかな栄光の陰で涙を飲んでいる人はその何倍もいらっしゃるんですよね。
中村将之ジョッキーのブログ拝見してきました。
数字だけでは計れない、ジョッキーとしての試合や馬に対する思いが溢れていて素敵なブログですね。
お気に入りに入れさせて頂きました(o^-^o)

>hiroさん
ありがとうございます。
焦ったり悩んだりしながら前向きに頑張ろうとしている中村騎手のような若者がいるというだけで、あまり頑張ろうとしない私は感動してしまいます。
これからも、頑張ってるいろんな人を応援していきたいです。

投稿: hiro | 2007年11月21日 (水) 07時13分

こんにちは!
京都競馬場、一度は行ってみたいとおもいつつ、なかなか行けてません。でも、最近ふわふわ。さんの影響で、日曜のお昼は競馬中継見るようになりました(笑)。
あのCM、哀愁が漂っていて大好きですなんで、リンク飛ばせていただきました。てっきり、JRAのCMだと思い込んでました~。^^;
どんなに影で努力をしても、結果を出せなければ意味がない世界。厳しいですよね。

>ゆいなさん
こんばんは。
かわいいお馬さんが、かわいい声でつぶやいているあのCMは
私も大好きです。
結果を出せずに知らない間にやめていく騎手もたくさんいます。
馬もそうですが、有名な人以外は情報がはいってこないので、
どこかで、引退したことを知ったりするととても寂しい気持ちになります。

投稿: ゆいな | 2007年11月21日 (水) 13時53分

ちょっと特定の騎手に偏りすぎですねぇ
西は河内さん、南井さん、松永さんが引退
東は岡部さん、柴田さんが引退して
その分が特定の騎手に回っている気がします
武騎手の年間200勝とかはちょっと・・・・

西の若手は割と騎乗機会が多いですが
東は乗らせてもらえない騎手が多いような・・・
新人を育てる気があるのは藤澤厩舎くらいですかねぇ

成績次第の厳しい世界・・・ご紹介ありがとうございます^^

>おかぴぃさん
そうですね。
たしかに西の若手騎手の方が恵まれているような気がしますが、豊さんは特殊ですからね。
その上に岩田騎手やアンカツさんがいては、
西の騎手は3人が引退するまで関西リーディングをとる夢はあきらめるしかないでしょうね。

投稿: おかぴぃ | 2007年11月21日 (水) 21時32分

おっ!
初めて勝ったGIレースの問題出ましたか!
予想的中です(・∀・)

マイナー騎手はボクも結構好きなのですが、買っても来ないんですよねぇ…
まあ乗ってる馬が人気薄なのでしょうがないんですけど(;´∀`)

TOPジョッキーに乗り馬が集中するのはある程度やむを得ないとは思うのですけど、新人騎手ももっと乗せてあげてほしいですよね。
特に競馬関係者にコネが無い騎手についてそう思います。

>guiguiさん
1問目を見たときは本当に嬉しかったです。
guiguiさん、予想大的中です。

そうですね、コネのない騎手は本当に大変だと思います。
JRAでも最近は若手限定レースをするなど、工夫はしているようですが、それでも数がすくないですからね。
GⅠは仕方ないけれど、普段のレースは積極的に若手を使って欲しいものです。

投稿: guigui | 2007年11月22日 (木) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/293207/9036245

この記事へのトラックバック一覧です: はみだし競馬ファンの週末日記 11月20日(火):

« はみだし競馬ファンの週末日記 11月18日(日) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 11月22日(木) »