« はみだし競馬ファンの週末日記 12月23日(日) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 12月28日(金) »

2007年12月27日 (木)

馬券的中のために必要なのは右脳?それとも左脳?

少し前のことですが、guiguiさんのブログに、シルエットのお姉さんが右に回っているように見えると右脳派人間、左に回っているように見えると左脳派人間というのがありました。(記事はこちらです。)

最初に見たときにはどうしても右回りにしか見えなかったお姉さんの回転が、次の日には左回りにしか見えず、私はいったいどっち派だと思いながら3日目に見に行くと…。

お姉さんは右回りで回転していたかと思うと、急に左回りに向きを変え、また何度か回転しては右回りに。
その後何度みても、右、左を繰り返していました。

何だかとっても気になった私は他の診断も試してみたら、というguiguiさんのアドバイスに従い、右脳派、左脳派の診断をいくつか試してみることにしました。

その結果、私はどうも左脳統合人間だということが判明しました。

左脳人間とは、過去のデータを重視するような人間、右脳人間とは、閃きがどんどん湧くような人間。

なるほど。
過去のデータを一生懸命調べるわりには、それを軽く無視し、自分の好き嫌いで応援馬を決めるという統一性のなさは私が右脳左脳統合人間だったからだったのでした。

そして、右脳のトレーニングのひとつに休日は利き手ではない手で字を書いたり、箸を使ったりする。
というのを見て、ああなるほどな、と思いました。

というのは、実は私は左利きで、包丁は左で使いますが、お箸は右手、スプーンはどちらでも気が向いた方、フォークは主に左、字は右で書きます。

マークシートは右手で塗ります、でもマークシートは左に持って券売機に入れます、そして精算ボタンも左で押します。

このような左右混合で日常生活を送っているうちに左右混合人間になってしまったと思われますが、馬券の的中に必要なのは右脳、左脳、どちらの特徴なのでしょうか。

右脳
直感やひらめきの脳。イメージや想像にたけ、芸術や創造性をつかさどり、ものごとを無意識にうけとります。

左脳
推理や計算の脳。言語認識、科学的思考や推論、計算などをつかさどり、ものごとを理性的に処理していきます。

データ分析をして勝ち馬を推理するのには、左脳の特徴が大切のようですが、データ通りにおさまらない時にこそ私の狙う高配当がでる可能性が多いので、やはりもう少し右脳を鍛え、ひらめきや直感力を伸ばす必要があるかも知れません。
(本当はもっと理性的な判断が必要?ここでまた間違っている?)

ということで、来年の目標ががひとつ決定しました。

来年から赤ペンは左手で持つ!
(これ、目標か?) 

今回参考にさせて頂いた主なサイト様

右脳人間と左脳人間

右脳,左脳おもしろ診断

右脳,左脳おもしろ診断での結果は55点。

素晴らしい!右脳と左脳がうまくかみ合っています。あなたが考えたことを誰にでも納得させる力があります。なぜなら、あなたは右脳で全体を捉えることが出来、しかもこれを誰にでも分かるように理論付けできるからです。まるで、あのアインシュタイン博士のようだ!

うさうさ=右脳左脳診断

うさうさ=右脳左脳診断では、情報をうけとるインプット脳は右脳、行動に移すアウトプット脳は左脳でした。 

 

いつも訪問して下さっている皆様、そして初めて来て下さった方、ありがとうございます。
皆様のおかげで、このブログのアクセスが10000を突破致しました。

素直に嬉しいです。
これからも、よろしくお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ
総合検索エンジン ひかりサーチ

直感―ひらめきの心理学
ドリス・J. シャルクロス

« はみだし競馬ファンの週末日記 12月23日(日) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 12月28日(金) »

コメント

ボクもやってみました。
前に他にもやったことがあるのですけれど
バランス型と大体出ます。

でもあの画像だけは…あの画像だけは…
右回りにしか見えないです。


思えば左手は日常生活では殆ど使用していません。
たまには左手を使った方が脳の運動になるのですね!
意識して左手を使ってみようと思いまっす(・∀・)


>guiguiさん
guiguiさんもバランス型でいらっしゃいましたか。
でも普段はあまり左手を使わないとのこと、私は左利きだからバランス型になったのかと思っていましたが、違うかもしれないですね。

投稿: guigui | 2007年12月27日 (木) 02時14分

1万アクセスおめでとうございます。
わたしもguiguiさんのブログにお邪魔してみましたが、最初は、左回りにしか見えず、これが右回りに見える人は変だよな~、なんて思いつつ視線を文章に移し、その後再び映像を見ると、今度は右回りに見える…

「なんじゃっこりゃっ~」(ジーパン刑事風、古い…)

不思議です…

>にゃーご。さん
ありがとうございます。
にゃーご。さんももしかして左右統合派でしょうか。
競馬をする人には多いのかしら。
統計をとると面白そうですね。
馬券を予想すると左右の脳がバランスよく鍛えられるのかも。

投稿: にゃーご。 | 2007年12月27日 (木) 21時03分

こんばんは^^

わたしも左右統合派のような気がします。
利き手は右なのですが、行動する時は
いつも直感で。だから失敗も多いのですが(汗
馬券はですねー。。。うーーーん。。。
霊感馬券師と言われた時期がありました。
その頃は、馬の様子を見て、なんとなく
走る気配とかがわかったんですよね。
ここ数年はデータに頼っていることが多いですね。
穴馬を狙うのであれば、やはり右脳を使った
直感も必要なのかな?と思う今日この頃です。

>ユキチャピさん
やはりユキチャピさんも左右統合派…。
今のところ競馬をする方は100%左右統合派です。
馬券の予想をすると左右の脳がバランスよく鍛えられるという私の仮説(?)は正しいかもです。

私も時々生でパドック見ているときピカピカっとすることがあります。
そういえば最近ピカピカが少なくなりました。
やはり右脳を鍛えなくては!


投稿: ユキチャピ | 2007年12月27日 (木) 22時54分

30点
左脳が先行してます。理屈っぽくなりすぎですね!
もう少し右脳を働かせてみましょう。以下省略

うむむ・・・・ひらめき無し野郎でした
あっはっは~(^_^)

>おかぴぃさん
理性派ですね。
左手で赤ペンもつ仲間になりませんか。

投稿: おかぴぃ | 2007年12月27日 (木) 23時59分

こんばんは。
右脳、左脳のお話、面白かったです。^^
お姉さん、左回りにしか見えなかったです。
どうやったら右回りにみえるようになるか、しばらく通ってみます。^^

本年はいろいろとお世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。^^
それでは、よいお年を!

>ゆいなさん
ゆいなさんは左脳派だったのですね。
でも、時々通ううちに突然お姉さんは向きをかえたりするので要注意です。

こちらこそいろいろお世話になりましてありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

投稿: ゆいな | 2007年12月28日 (金) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/293207/9587337

この記事へのトラックバック一覧です: 馬券的中のために必要なのは右脳?それとも左脳?:

« はみだし競馬ファンの週末日記 12月23日(日) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 12月28日(金) »