« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

○金鯱賞(中京、GⅡ、芝2000m)

金鯱賞(中京、GⅡ、芝2000m)

あさっては、いよいよダービー
混戦の3歳戦を制しての頂点に立つのはどの馬でしょう、出馬表を見ながらわくわくしていますが、その前に明日の土曜日は毎年楽しみにしている金鯱賞

過去10年のデータでは前走重賞組が6勝、オープン特別組が4勝。
そして先行有利の中京コースらしく、このレースも4コーナーで1~3番手の位置につけていた馬が8勝を挙げていました。

4コーナーの位置別成績(過去10年)
4コーナーの位置 成績     勝率   連対率  3着内率
1~3番手     8-3-3-25   20.5%   28.2%   35.9% 
4~7番手     0-4-6-31   0.0%    9.8%  24.4% 
8~11番手    2-3-0-21   7.7%    19.2%   19.2% 
12番手以下    0-0-1-15   0.0%    0.0%    6.3%

前日オッズではアドマイヤオーラが1番人気ですが、1番人気はここ5年連対率100%と好調。

復帰を楽しみにしていたカワカミプリンセスが出走するので、過去10年連対馬は全て牡馬・牝馬混合の重賞勝ち経験馬というデータを無視して応援。
そして、前々走で同じコースの中京記念を勝ったタスカータソルテを応援です。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (1) | トラックバック (1)

2008年5月26日 (月)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月25日(日) 

優駿牝馬オークス)(GⅠ)、東海ステークス(GⅡ)の結果

オークス桜花賞で1番人気に推されながらも8着と残念な結果に終わってしまっていた4番人気の2歳女王トールポピーが勝ちました。
鞍上は池添謙一騎手でした。

1着 トールポピー(父 ジャングルポケット、母 アドマイヤサンデー 、母の父 サンデーサイレンス )
2着 エフティマイア蛯名正義騎手、13番人気)
3着 レジネッタ 小牧太騎手、5番人気)

桜花賞で大穴をあけた1、2着馬が揃って2、3着。
3連単は440,360円とさすがに桜花賞ほどではありませんが荒れました。

応援していたトールポピーが1着に来てくれて馬連をとることが出来ました。
3連複、3連単にブラックエンブレムを入れていたので、ゴール前は3着の応援に必死。その後は審議が長かったので、かなりドキドキしました。
池添謙一騎手は来週土日は騎乗停止。
※ 15番の内側への斜行による被害は走行妨害には至らないが、継続的かつ修正動作の無い危険な騎乗であると認められたため、騎乗停止の制裁となりました。
JRAニュース今日の出来事より。

もう一頭の応援馬ハートオブクィーンは13着。
今回は残念でしたが、またどこかで応援したいと思います。

中京のメインの東海ステークスは単勝100倍超えの13番人気、小林徹弥騎手騎乗のヤマトマリオンが勝ち、2着には最低人気のこれまた単勝100倍越えのラッキーブレイクが来て大、大波乱の結果となりました。

1着 ヤマトマリオン(父 オペラハウス 、母 ヤマトプリティ 、母の父 アンバーシヤダイ )
2着 ラッキーブレイク赤木高太郎騎手、16番人気)
3着 フィフティーワナー岩田康誠騎手、2番人気)

3連単は 5,137,110円で、JRA3連単払戻金ランキングの9位にランクイン。
何となく荒れそうだったのでかなりの人気薄を買っていましたが、さすがの私も単勝万馬券の馬2頭の組み合わせは考えませんでした…まだまだ修行がたりません。
ちなみにこの馬券、投票数は2票となっていました(あやかりたい)。

応援していたロングプライドは6着でしたがこの高額配当に夢中だったので、悔しさも残念さもありませんでした。

 

来週は、いよいよ東京優駿日本ダービー)。
皐月賞馬キャプテントゥーレが骨折で休養中ですが、NHKマイルCの優勝馬ディープスカイ、皐月賞で1番人気に支持され3着だったマイネルチャールズが出走登録しています。
トライアルやステップレースからの馬にもチャンスがあるし、またまた波乱の気配でわくわくです。

そして土曜日の金鯱賞にはお気に入りのカワカミプリンセスが出走する予定なので、すごく楽しみ。
今週は土曜日までがいつもより長くなりそう…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月24日(土)

優駿牝馬(オークス)(東京 GⅠ、芝2400m)、東海ステークス(中京 GⅡ、ダート2300m)

明日は3歳牝馬頂上決戦の優駿牝馬(オークス)。

全国的に雨が降っていて明日も雨が残りそう。馬場状態が気になります。

過去10年のデータでは前走桜花賞組が7勝とダントツの活躍。
その桜花賞での成績は10着以下からも連対馬がでているように、着順は関係なさそう。連対数では3着が最多で3回。

前走桜花賞組の、桜花賞での着順別成績(過去10年)
桜花賞の着順  成績    勝率  連対率  3着内率
1着        1-1-3-2   14.3%   28.6%    71.4% 
2着        1-0-0-7   12.5%   12.5%    12.5% 
3着        1-2-0-6   11.1%   33.3%    33.3% 
4、5着      1-2-1-7   9.1%   27.3%    36.4% 
6~9着     3-1-1-9   21.4%   28.6%    35.7% 
10着以下    0-2-1-9   0%    16.7%    25.0% 

対して桜花賞以外のレースから参戦して3着以内に入った馬は、全て前走3着以内でした。

やはり桜花賞組の馬が中心になりそうです。
騎手では福永祐一騎手がここ4年で3勝2着1回と連続連対中。

今回は前走忘れな草賞を勝ったムードインディゴで出場。
午後10時の前日オッズでは7番人気ですが、とりあえず押さえといた方がよさそう…?

前日オッズでの1番人気はリトルアマポーラ
(私的には少し意外です。)
武幸四郎騎手騎乗、大外18番といえば菊花賞のソングオブウインドを思い出しますが…。

桜花賞の上位馬では桜花賞馬レジネッタは6番人気、2着馬エフティマイアは13番人気、3着馬ソーマジックが3番人気となっていました。

私はもちろんずっと応援しているトールポピーの巻き返しを期待して応援。
今回は少しだけ人気を落としているので応援しやすいです。

そして、桜花賞馬レジネッタの馬名から(小女王、若い女王)、名前つながりで…ということもあり(?)、ここ3年連続で3着以内に入っている桜花賞4着のハートオブクィーンを応援です。

中京のメインはJRAダート重賞の中で最も長い距離2300mの東海ステークス

この時期の開催となった2000年から8年間のデータでは前走で1800m以上のレースを走っていた馬が活躍。
1700m以下の馬が3着以内に入ったのはわずかに3頭でした。

そして前走JRAの重賞か地方のダートグレード競走を走っていた馬が3着以内の24頭中21頭を占めていました。
枠は内外あまり関係ないようですが、やはり前に付けられる馬が有利なようです。
これは中京のレース全体にいえることですよね。
やはり3コーナーで先頭集団にいないとちょっと厳しいです。

応援するのは7連対と相性のいいアンタレスS組からロングプライドです。

今日の中京のメインのテレビ愛知オープンは10番人気のトウショウカレッジが優勝。
2着は5番人気ワイルドシャウト、3着に11番人気のタニノマティーニで3連単は994,960円と荒れました。

この3頭をワイドで買っていた私。
2、3着の馬が直線で叩き合いしをしていたので、
「そのままやけど、馬連やん、うそー、失敗したー!」
とテレビ画面に向かって一人でつぶやいていた所に1着になった馬が差してきたので、
「よしよし、どうせならその方が…、えーうそー、それも買ってるやん!」
とまたまた一人で大騒ぎ。

やっぱり馬連で買っておけばよかった…と一瞬後悔したものの、ワイド総当りで、馬連の配当より少しだけたくさん貰えたのでまたまた態度は逆転、大喜び。
と、わずか5分の間にこれだけのドラマがたった一人で繰り広げられたのでした。

久々のメインでの万馬券。
この調子で明日のオークスも…。
(調子に乗ってますます無謀な人気薄に手を出す気配です。)

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月23日(金)

○中京開催が始まりました。

先週で第3回京都開催が終わり、6月21日に阪神開催が始まるまで、関西の競馬場はお休み。
こちらでは競馬中継は中京をメインに放送されます。

中京競馬場には、この時期か高松宮記念の日に何度か行っています。

綺麗だし、ひきあげてくる騎手の話し声が聞こえるほどこじんまりとしたこの競馬場は大のお気に入り。

でも初めて行った時に、なんと駅から競馬場までのあの短い距離で迷ってしまったんです。

もちろん行く前にはネットで電車の路線や駅を調べていましたが、駅から競馬場へは遠いはずもないし競馬場へ向かう人もたくさんいるだろうから大丈夫だと思っていました。

ところが…。

競馬場のある駅に向かう名鉄の電車に乗った私たちはちょっと不安になりました。
時間はお昼前でしたが、阪神競馬場や京都競馬場に向かう電車にはこの時間にも新聞を広げている人たちがわんさかいるのに、車内には新聞を手に持っている人さえいなかったのです。

そして当時はまだ工事中で、ホーム幅も狭かった小さな駅に降りたのは私たちと、もう一組、若い女性2人を連れた自営業風の男性の2組だけでした。

駅前は他に歩く人もなく、この人たちは競馬場に行くに違いないと後をついていったのですが2、3分歩いた所でその人たちは「うどん屋」に入ってしまいました。

仕方なく、そのままその道をまっすぐ歩いていったのが大きな間違い。
結局ぐるぐると方向を変えて誰もいない道を2、30分も歩き、競馬場の監視塔を発見し、やっと壁一面の大きなサンデーサイレンスの顔が見えた時には感動モノでした。

競馬場の周りには赤ペンと新聞を持った人達が溢れているのが当たり前だったので、誰も歩いていないなんて想像もしていなかったです。

 

京都開催はかなりの不調だったので、荒れる中京で何とか浮上したいものです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月18日(日)

ヴィクトリアマイル(GⅠ)の結果

第3回ヴィクトリアマイルは藤田伸二騎手騎乗の5番人気、エイジアンウインズが勝ちました。

1着 エイジアンウインズ(牝4、父 フジキセキ、母 サクラサク2 、母の父 デインヒル )  
2着 ウオッカ (牝4、武豊騎手、1番人気)
3着 ブルーメンブラット (牝5、後藤浩輝騎手、4番人気)

今年はあまり荒れませんでしたね。
(1年毎に荒れるパターンなら来年は荒れる番?と勝手に期待。)

藤田伸二騎手は10回目、2005年の安田記念以来のGⅠ制覇でした。

応援していたニシノマナムスメは5着、ピンクカメオ6着、ローブデコルテ14着。
馬券が当たるわけがありませんね。
東京GⅠシリーズ、2連敗です。

来週は3歳牝馬の戦いオークス
何だかこのまま連敗継続しそうな雰囲気です…。

 

余談ですが、以前、関西テレビの番組「サタうま!」で藤田騎手と藤原英昭調教師が吉本新喜劇の辻本茂雄さんと対談していて、その時に藤田騎手がこのコンビでGⅠを制覇して辻本さんと一緒に口取り写真を撮るという「男の約束」をしていました。

そして昨日の放送で藤田騎手が、もし約束を果たせたら吉本新喜劇の舞台に上がらせてもらう、てなことを言っていたのですが、レース後、検量室前で引き上げてきた藤田騎手と辻本さんが抱き合う姿が映っていました。

ということは、男・藤田伸二は吉本新喜劇の舞台に…??

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

特別模範男
藤田 伸二

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月17日(土)

ヴィクトリアマイル(GⅠ、芝1600m)

今日の東京11レース、京王杯スプリングカップは2番人気、藤岡佑介騎手のスーパーホーネットが勝ちました。
あの末脚のはじけようには驚きでしたね。

1着 スーパーホーネット (牡5、父 ロドリゴデトリアーノ 、母 ユウサンポリッシュ 、母の父 エルセニョール )
2着 キストゥヘヴン (牝5、 勝浦正樹騎手、6番人気)
3着 スズカフェニックス (牡6、武豊騎手、1番人気)

応援していたキングストレイルは5着。
直線半ばまでは頑張ってくれましたが…残念。

藤岡佑介騎手は今年重賞2勝目。
皐月賞川田将雅騎手が勝ってから、次の週の福島牝馬Sでは吉田隼人騎手、その次の週は青葉賞、連続週で新潟大賞典川田将雅騎手が勝ち、今週は藤岡佑介騎手。
2004年度デビューの3人が大活躍をしています。

明日のヴィクトリアマイルには吉田隼人騎手が前日オッズで ウオッカに次いで2番人気のニシノマナムスメに騎乗。
頑張って欲しいです。

今年で3回目のマイル女王決定戦のヴィクトリアマイル
第1回では単勝2、3、4番人気での決着でしたが、第2回の去年は12番人気のコイウタが優勝、2着は9番人気アサヒライジング、3着は8番人気デアリングハートで3連単200万超えの大波乱。

優勝騎手の北村宏司騎手、松岡正海騎手はともに初GⅠ制覇でした。
今年もGⅠ未勝利の騎手には注意が必要かも。

過去2回の前走レースはマイラーズカップが2頭、ダービー卿チャレンジトロフィーが2頭、阪神牝馬ステークスが2頭。
優勝馬はともに前走で牡馬相手に2着と善戦。
そして3着以内に入った6頭中5頭に重賞勝ちの実績があり、重賞勝ちのなかった1頭もGⅠで2着に入っていました。

1番人気は9着、10着と不振。
今年は期待に応えられるのでしょうか。

最近の東京マイルのGⅠ、先週のNHKマイルは関西馬のディープスカイが優勝しましたが、昨年の安田記念NHKマイルCヴィクトリアマイルでは全て関東馬が優勝しています。
やや関東馬有利…?

注目はやはりウオッカですが、海外遠征後初出走というのが気になりますね。
某スポーツ新聞では爆笑問題の田中裕二さんが去年のコイウタに続き、芸能人オーナーつながりで小林薫さんの馬、ジョリーダンスを推していました。
まだ3回目のレースで、データも少ないので、こういう予想もおもしろいな、と真剣に読んでしまいました。
(田中さん凄いの当ててるしね。)

気持ち的に応援したいのは、馬も調教師も騎手もお気に入りのニシノマナムスメ
そしてGⅠ馬のローブデコルテピンクカメオ

他にもお気に入りの馬が出走しているので最終的には何頭BOXになるのやら。
全部買えるだけの資金が残っていればいいんですが…。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

馬券生活者の出目必勝法
株式会社バーチャルウェーブ

| コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月17日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月16日(金)

京王杯スプリングカップ(GⅡ、芝1400m)

明日の東京競馬場のメインは6月8日に行われるGⅠ安田記念のステップレース、京王杯スプリングカップ
2005年にはこのレースを優勝したアサクサデンエンがその年の安田記念でも優勝しています。

過去10年のデータでは関東馬8勝、関西馬が2勝と関東馬が大きくリード。
連対率、3着内率でも関東馬が関西馬を上回っていました。

前走の距離別では1600mのレースを走っていた馬が好成績を残しています。
1800m以上で3着以内だったのは前走有馬記念で1着だったグラスワンダー(1999年1着)のみでした。

前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離  成績     勝率   連対率  3着内率 
1400m以下  2-2-3-60   3.0%   6.0%     10.4% 
1500m     0-0-0-2    0%    0%      0% 
1590m     0-0-0-2    0%    0%      0% 
1600m     7-8-6-60   8.6%   18.5%    25.9% 
1800m以上  1-0-0-9   10.0%   10.0%    10.0%

1番人気が8年連続で連対を外しているこのレース。
今年も高配当が期待できそう。

専門予想紙8社中8社が◎を打ったというスズカフェニックスが人気を集めそうです。

過去4年連続連対中の6歳馬ですが、このレースでわずかに2連対しかしていない高松宮記念組…微妙です。

応援するのは若い頃、同じ東京芝1400m(そして同じレース名)の京王杯2歳ステークスで2着だった6歳馬のキングストレイル
相手に選ぶ人気薄の馬と一緒に頑張って欲しいいです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

馬券生活者の出目必勝法
株式会社バーチャルウェーブ

| コメント (1) | トラックバック (1)

2008年5月11日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月11日(日)

NHKマイルカップ(GⅠ)の結果

東京競馬場で行われたNHKマイルカップは前日からめまぐるしく変わる単勝オッズで最終的に1番人気になった四位洋文騎乗のディープスカイが勝ちました。

1着 ディープスカイ (牡3、父 アグネスタキオン 、母 アビ 、母の父 Chief’s Crown )
2着 ブラックシェル (牡3、後藤浩輝騎手、3番人気)
3着 ダノンゴーゴー (牡3、藤岡佑介騎手、14番人気)

応援していたエーシンフォワードは10着、かなり手広く買っていましたが私の馬券に入っていたのは3着のダノンゴーゴーだけでした。
(どんだけ人気薄ばかり買ってたんや…。)

勝った四位騎手、12レースは負傷のため後藤騎手に変更というアナウンス。
今調べてみたら右手関節捻挫となっていました。
どこで?いつ?捻挫する程追ったということでしょうか…?

雨もあがったので午後から京都競馬場に行ったのですが、他場とはいえGⅠの日とは思えないほどの空きよう。
指定席もまだ空席がありました。
以前は日曜日だと、開門前には満席になっていたのに、最近は競馬場に来る人が減っているのでしょうか。
おかげで外でもゆっくりレースを楽しめましたけどね。

今日の京都6レースで川田将雅騎手が現役54人目のJRA通算200勝を達成。
12レースでは柴原央明騎手が現役86人目のJRA通算100勝を達成。
イケメン騎手の表彰式が続いたのでウィナーズサークルの周りは女性が目立っていました。

来週は、牝馬のマイル戦ヴィクトリアマイル
骨折休養をしていたお気に入りのカワカミプリンセスが出るかと楽しみにしていましたが、復帰の目標は金鯱賞だそうです。

産経大阪杯で牡馬を蹴散らしたダイワスカーレットも、右前肢の不安で秋まで休養ということで残念ながら出走しませんが、ドバイ・デューティ・フリーで4着と健闘したウォッカの走りが楽しみです。

5週連続の東京GⅠ第1戦目は1、2着は人気サイドでの決着でした。
来週は荒れるのでしょうか。
最終の安田記念までに1回くらいは応援馬で勝ってみたいです。 

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

馬券生活者の出目必勝法
株式会社バーチャルウェーブ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月10日(土)

NHKマイルカップ(GⅠ、芝1600m)

京都のメイン、京都新聞杯は2番人気のメイショウクオリアが勝ちました。
先週天皇賞を勝った岩田康誠騎手が騎乗していました。

1着 メイショウクオリア (牡3、父 マンハッタンカフェ、 母 アンノウンウォーターズ 、母の父 Rahy )
2着 ロードアリエス (牡3、鮫島良太騎手、9番人気)
3着 マイネルローゼン (牡3、藤岡佑介騎手、6番人気)

岩田康誠騎手はこれで今年重賞6勝目となり、安藤勝己騎手の5勝を抜いて今年の重賞勝ち数のトップになりました。
応援していたマイネルローゼンが3着でしたが、馬券は的中せず…。

新潟大賞典は、3番人気の川田将雅騎手騎乗、一昨年のこのレースの優勝馬オースミグラスワンの勝利。

1着 オースミグラスワン (牡6、父 グラスワンダー 、母 ホッコーオウカ 、母の父 リンドシェーバー )
2着 マンハッタンスカイ (牡4、芹沢純一騎手、6番人気)
3着 フィールドベアー (牡5、秋山真一郎 騎手、7番人気)

川田将雅騎手はこれで今年重賞4勝目で、岩田騎手の6勝、安藤騎手の5勝に続き、横山典弘騎手と並びました。
絶好調です。

このレースも応援していたフィールドベアーが3着でしたが、馬券ははずれ…。

プリンシパルステークス武士沢友治騎手騎乗の10番人気、ベンチャーナインが勝って大波乱の結果となりました。

1着 ベンチャーナイン (牡3、父 エイシンサンディ 、母 グラッドハンド 、母の父 コマンダーインチーフ )
2着 アグネススターチ (牡3、赤木高太郎騎手、18番人気)
3着 ヤマニンキングリー (牡3、福永祐一騎手、3番人気)

最低人気のアグネススターチが2着で3連単は1,793,430円。
1着、2着馬はダービーの優先出走権を獲得しました。
今年の3歳重賞は想像以上に荒れてくれます。

応援していたダイワワイルドボアは7着。
当然…。
今日は(も?)メインレース全滅です。

気を取り直して、明日は3歳マイル王決定戦のNHKマイルカップ
去年はブービー人気の牝馬ピンクカメオが優勝、最低人気のムラマサノヨートーが3着で900万馬券。
今日のプリンシパルステークス同様、今年も波乱を期待です。

過去10年のデータでは単勝1番~3番人気の3着以内率はそれぞれ60%、30%、30%と高率。
去年の波乱でも1番人気は2着にきているので、高配当狙いでも上位人気は押さえておいたほうがよさそうですが、4~6番人気も馬券に絡む確率は大。
荒れるレースだけ幅広く買う必要がありそうです。

単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気     成績    勝率  連対率  3着内率
1番人気     3-1-2-4   30.0%   40.0%   60.0% 
2番人気      2-1-0-7   20.0%   30.0%   30.0% 
3番人気      1-0-2-7   10.0%   10.0%   30.0% 
4~6番人気   2-5-4-19   6.7%   23.3%   36.7% 
7~9番人気   1-1-0-28   3.3%   6.7%    6.7% 
10番人気以下  1-2-2-84   1.1%   3.4%    5.6% 

前走レース別ではNZT組が過去10年で20頭の連対で最多、ついで毎日杯、桜花賞組が3連対ずつとなっています。
そして毎年、初戦の新馬戦を勝った馬が必ず連対しているというデータもありました。
去年の1、2着馬も新馬戦勝ちをしていた馬でした。

前日オッズではゴスホークケンが1番人気、差がなくサトノプログレスディープスカイファリダットが人気を分け合っていました。

応援するのはエーシンフォワード、そしていつものように人気薄の馬たちです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (2) | トラックバック (2)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月9日(金)

京都新聞杯(GⅡ、芝2200m)、新潟大賞典(GⅢ、芝2000m)、プリンシパルステークス(3歳オープン、芝2000m)

今週は連休明けでいつもより仕事がつらいと感じている人が多かったのではないでしょうか。
夏日になった今週とはうってかわってこの週末は平年よりも低い気温になるようです。
雨も降るようですし、皆さん風邪等ひかないようお気をつけ下さい。

明日の土曜日は重賞がふたつ、そしてダービートライアルのレースがあります。

京都のメイン、京都新聞杯はダービーのステップレースとして重要なレース。
2000年から5月に移設されたこのレースの優勝馬からはアグネスフライトがダービーを制覇、2004年のハーツクライ、2005年のインティライミがダービーで2着になっています。

距離が2200mに変更された2002年からの過去6年間のデータでは芝2000m以上のレースで勝っている馬が5勝。
3着以内率も33.3%と好成績を残しています。

芝2000m以上のレースで優勝経験のなかった馬で3着以内に入ったのは3頭ですが、その3頭はいずれも芝2000m以上のオープン特別で2着に入った経験がありました。
 

新潟大賞典は、最後の長い直線での追い比べが楽しみなレース。
過去10年のデータでは4歳馬が3勝、5歳馬が6勝と、4、5歳馬が活躍。

年齢別成績(過去10年)
年齢     成績     勝率  連対率  3着内率 
4歳    3-3-1-38    6.7%  13.3%   15.6% 
5歳    6-2-4-32   13.6%  18.2%   27.3% 
6歳    0-3-3-26    0%   9.4%   18.8% 
7歳    0-1-1-20    0%   4.5%    9.1% 
8歳以上  1-1-1-9   8.3%   16.7%   25.0%

2006年は2桁人気が2、3着に入り、3連単が100万馬券になったこのレースですが、この年も勝った馬は1番人気、過去5年でも勝馬は1、2、4番人気が占めていて基本的には人気馬が強いレースのようです。

過去5年の結果を見ると、3着に人気薄がきていることが多いので高配当を狙うなら3連単がいいかもしれません。

東京の11レースはダービートライアルのプリンシパルステークス
過去10年のデータでは優勝は1勝馬が3勝、2勝馬が7勝。
特に過去6年では2勝馬が5勝、2着5回、3着4回と2勝馬優勢の傾向にあるようです。

通算勝利数別成績(過去10年)
通算勝利数   成績    勝率  連対率  3着内率
勝利経験無し  0-0-1-1    0%    0%     50.0% 
1勝        3-4-3-54   4.7%  10.9%   15.6% 
2勝        7-6-5-63   8.6%  16.0%   22.2% 
3勝        0-0-1-2    0%   0%    33.3% 

そして過去10年の優勝馬10頭中9頭までは5番人気以内、9番人気のエイシンニーザンが優勝して波乱になった2005年と、1番人気モノポライザーが3着になった2002年以外は1、2番人気のどちらかが毎年連対しています。

京都新聞杯ブラストダッシュが人気になりそうですがここ2年は1番人気は4着以下。
波乱を期待して応援するのはマイネルローゼン

新潟大賞典はこのレース好成績の5歳馬フィールドベアープリンシパルステークスは2勝馬の中からアグネスタキオン産駒のダイワワイルドボアを応援です。

あさってのNHKマイルカップに繋がるいい結果がでますように。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (1) | トラックバック (3)

2008年5月 5日 (月)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月4日(日)

天皇賞(春)、スイートピーステークスの結果。

まるで夏のような暑さの中での天皇賞。
メイショウサムソンとの叩き合いを制した3番人気、岩田康誠騎手騎乗のアドマイヤジュピタが勝ちました。

1着 アドマイヤジュピタ (父 フレンチデピュティ 、母 ジェイズジュエリー 、母の父 リアルシヤダイ )
2着 メイショウサムソン武豊騎手、2番人気)
3着 アサクサキングス四位洋文騎手、1番人気)

パドックを見て穴馬を必死で探しましたが、遂にみつけられず、一番良く見えた人気の2頭の馬連を仕方なく買って的中したものの(当然配当は安く)、これは絶対来ない!と切ったアサクサキングスが3着。
見る目があるんだかないんだか…。 

応援していたドリームパスポートは9着。
今年は上位人気馬の決着になりました。
(また日本一かたいGⅠに戻るのでしょうか、個人的には残念です。)

毎回のことですが、この天皇賞と菊花賞の日は京都競馬場の雰囲気がいつもとかなり違います。
観客数がものすごいという事もあるでしょうが、今日も1レースから普段のメインレース並みの声援と盛り上がり。
皆さん朝からかなりのハイテンションです。

天皇賞のパドックでは4人のアドマイヤ軍団が集まっていたのがちょっとおもしろかったです。

 

東京のオークストライアル、スイートピーステークス池添謙一騎手騎乗の5番人気、アロマキャンドルが勝ちました。

1着 アロマキャンドル(父 フレンチデピュティ 、母 エアインセンス 、母の父 サンデーサイレンス )
2着 スペルバインド勝浦正樹騎手、6番人気)
3着 アルダントヌイ北村宏司騎手、3番人気)

東京、京都ともにメインは同じフレンチデピュティ産駒の勝利となりました。
こちらは3連単129,540円と意外に高配当。
応援していたブライダルフェアはビリの15着でした。
(こうなると残念な気もしません。)

今日はゲストとしてWBC世界フライ級王者の内藤大助選手が京都競馬場にきていて、天皇賞の表彰式でプレゼンターをしていました。

帰りは、ものすごい人なので電車にもなかなか乗れそうにないし、明日もお休みということで最終レース終了後にトークショーをしていた生チャンピオンを見て、その後に行われていた「ファンと騎手の集い」というのも見て帰ることに。

天皇賞に騎乗していた福永祐一騎手、内田博幸騎手、川田将雅騎手、横山典弘騎手、四位洋文騎手、武豊騎手が着順が後の順から登場し、レース回顧をしていたのですが、優勝した岩田康誠騎手は祝杯を挙げていたそうで、酔っ払い状態で遅れて登場。

その後、岩田騎手は金色のドレスに恐ろしいお化粧をし、和田アキ子のモノマネをしていました。
武豊騎手が「あんなんに負けたと思うと…」とコメントして場内大盛り上がり。

1番ウケたのはプロモ風の映像で、実際に漁港で撮影したという「兄弟船」。
マジ顔で熱唱する漁師姿の石橋守騎手、「兄弟船」だけに武豊騎手と武幸四郎騎手が珍しく共演。

この二人のちょっと遠慮がちで微笑ましい演技と、漁師さんより漁師らしい(船長役?)の出津孝一騎手に大爆笑。

あまりの出来に「もう一度見たい」の声が上り再上映される程でした。
騎手の皆さん、歌もパフォーマンスも半端じゃないです。
楽しませて頂きました。

 
6週連続GⅠの第1戦は、万馬券GETならずでしたが、来週のNHKマイルカップは去年900万馬券がでたレース。
来週もめげずに挑戦あるのみです。

今朝、競馬場に向かう電車で前のおじさんのスポーツ新聞に気になる記事が…。
「辰吉が再びリングへ!タイで8月にも復帰戦」

詳しくはデイリースポーツオンラインで。
日本で試合が見られないのは残念ですが、頑張って欲しいです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月3日(土)

天皇賞(春)(GⅠ、芝3200m)、スイートピーS(オープン、芝1800m)

今日の東京の青葉賞は2番人気のアドマイヤコマンドが勝ちました。
鞍上は皐月賞をキャプテントゥーレで勝った川田将雅騎手でした。

1着 アドマイヤコマンド(父 アグネスタキオン 、母 トコア 、母の父 カーネギー )
2着 クリスタルウイング内田博幸騎手、7番人気)
3着 モンテクリスエス福永祐一騎手、6番人気)

川田将雅騎手、ともにダービー制覇を目指していた皐月賞馬キャプテントゥーレが骨折で全治9ヶ月、年内休養となりましたが、同じアグネスタキオン産駒でダービーの優先出走権をとりました。
お父さんが出られなかったダービーでの走りが楽しみです、

ものすごく気になっていたのにキャリアが浅いということで消したアドマイヤコマンドが勝ち、応援していたアルカザンは7着でした。
(ちょっとへこんでいます。)

明日は最強ステイヤー決定戦の天皇賞(春)。
以前はGⅠの中でも最高にかたかったイメージのこのレース。
「複勝○番110円、○番100円、○番100円」のアナウンスに競馬場内に笑いが起こったこともありました。
(2000年、1着テイエムオペラオー、2着ラスカルスズカ、3着ナリタトップロード。)

そんなド本命決着だったレースも7番人気のヒシミラクルが優勝、8番人気のサンライズジェガーが2着になった2003年からは波乱のレースに様変わり。
ここ5年で4頭も2桁人気が連対しています。

過去10年のデータでは菊花賞で好走した馬が活躍。
3着以内に入った馬の30頭中、菊花賞に出走した経験があった馬は22頭。
そのうち20頭が菊花賞で連対、もしくは勝馬との着差が0秒7以内でした。

そして芝2400m以上の重賞レースで優勝したことがある馬が優勝経験のない馬よりも好成績を残していました。

芝2400m以上の重賞レースの、勝利経験有無別成績(過去10年)
勝利経験   成績   勝率  連対率 3着内率
あり      9-6-8-49  12.5%   20.8%   31.9% 
なし      1-4-2-69  1.3%    6.6%    9.2%

また、優勝経験なしの馬で3着以内に入った7頭中、5頭には芝2400m以上の重賞レースで2着に入った実績がありました。
やはり距離の実績は必須のようです。

年齢別では優勝馬は10年間で4歳が8勝、5歳が2勝。
2、3着もほとんどが4、5歳の馬で占められていて、6歳以上の馬にはかなり厳しいデータですね。

前日オッズでは春、秋、春と天皇賞3連覇を狙うメイショウサムソンを抑えて、去年の菊花賞馬アサクサキングスが1番人気でした。

 

東京では上位2着馬までにオークスの優先出走権が与えられるスイートピーステークスがあります。

過去10年のデータでは前走がオープンクラスだった馬が好走、特に忘れな草賞、桜花賞を走っていた馬が活躍しているようです。

そして、前走負けていた馬が好成績を残しています。
特に6着以下の馬は3着内率が22.2%と高率です。

前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績     勝率  連対率 3着内率
1着      2- 2- 1-42   4.3%   8.5%   10.6% 
2着      3- 1- 1- 5   30.0%  40.0%   50.0% 
3着      1- 2- 0-13   6.3%  18.8%   18.8% 
4、5着    1- 0- 2-19   4.5%   4.5%   13.6% 
6着以下   3- 5- 6-49   4.8%  12.7%   22.2% 

このレースで応援するのは大した理由もないですがブライダルフェアです。

天皇賞は迷わずドリームパスポートを応援。

明日は、天皇賞の指定席のハガキ抽選に当選したので京都競馬場で観戦してきます。
毎年パドックでいいな、と思った馬を新聞の情報や馬体重で消してしまい、後悔しているので明日はそんなことのないように自分の勘を信じて穴馬を選びたいと思っていますが…(あまり自信なし)。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

はみだし競馬ファンの週末日記 5月2日(金)

青葉賞(GⅡ、芝2400m)

ゴールデンウィーク真っ只中。
どこに行っても人で一杯、競馬場もこの週末は凄い人でしょうね。

明日の東京のメインは上位3着までの馬に日本ダービーへの優先出走権が与えられる、ダービートライアルの青葉賞です。
日本ダービーと同じコース、距離で行われるレース。
優勝馬からはダービー馬はでていませんが、シンボリクリスエスゼンノロブロイアドマイヤメインの3頭がダービーで2着になっています。

過去10年のデータでは、前走でダートのレースに出走していた馬は1頭も3着以内に入っていませんでした。
前々走にダートを走っていた馬も、3着が2頭いるのみ。

通算勝利数別では、2勝以上している馬が活躍しています。
1勝馬は2着が最高。

通算勝利数別成績(過去10年)
通算勝利数  成績    勝率  連対率  3着内率 
4勝      1-0-0-0   100%  100%    100% 
3勝      1-0-0-2  33.3%  33.3%   33.3% 
2勝      8-6-9-83  7.5%  13.2%   21.7% 
1勝      0-4-1-51   0%  7.1%    8.9% 
0勝      0-0-0-2   0%   0%     0% 

去年は1着、3番人気ヒラボクロイヤル、2着、15番人気トーセンマーチ、3着、6番人気のフィニステールで馬連32,140円、3連単は594,830円と波乱。
ちなみに、その後のダービーでは3頭とも仲良く16、14、15着と2桁着順でした.。

前日オッズでは500万円以下の条件戦を勝ったばかりのマゼランが1.2倍の1番人気。
何だか怪しいですが、過去5年で1番人気は3勝。馬券にからむ確率は高そうですね。

このレースで2年連続、1着の毎日杯連対組のアドマイヤコマンドがかなり気になりますが、キャリア2戦というのが、ちょっと不安。

ということで応援するのは2勝馬の中から、ちょうどいい感じの(?)キャリア4戦のアルカザン

相手はいつものようになるべく人気薄の馬たちです。

いつも応援ありがとうございます。

 

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

最近この手の本を本屋さんで立ち読みすることが多くなりました。↓(馬券生活に憧れています。)

| コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »