« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月28日(日)

オールカマー(GⅡ)、神戸新聞杯(GⅡ)の結果

今日の中山のメイン、オールカマーは単勝1倍台の人気に応え、蛯名正義騎手騎乗のマツリダゴッホが勝ち、このレース2連覇を果たしました。

1着 マツリダゴッホ(牡5、父 サンデーサイレンス 、母 ペイパーレイン 、母の父 Bel Bolide )
2着 キングストレイル(牡6、横山典弘騎手、6番人気)
3着 トウショウシロッコ (牡5、吉田豊騎手、8番人気)

応援していたトウショウシロッコが3着でしたが、2着馬が抜けていました…残念。

阪神の神戸新聞杯、こちらも1番人気、ダービー馬のディープスカイがさすがの走りで1着。

1着 ディープスカイ(牡3、父 アグネスタキオン 、母 アビ 、母の父 Chief’s Crown )
2着 ブラックシェル (牡3、武豊騎手、3番人気)
3着 オウケンブルースリ (牡3、内田博幸騎手、2番人気)

この3頭が菊花賞の優先出走権を獲得しました。
菊花賞、今から楽しみです。

応援していたスマイルジャックは9着。
馬券的には、4着にきたベンチャーナインオウケンブルースリと着順が逆ならよかったんですが…。
こちらも残念。

というわけで、まだまだ重賞連敗は続いていますが、来週はいよいよ秋のGⅠ第1戦目のスプリンターズステークス。
…なんとかしたいです。(切実)

今日は阪神競馬場で最終レース後に行われたジョッキーフェステバルなるものを見てきましたが、内田博幸騎手が登場した時に、武豊騎手がリクエスト(強要?)してくれたおかげで、内田騎手のバク宙を生で見ることができました。
(ちょっと嬉しかったです。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月27日(土)

オールカマー(中山、GⅡ、芝2200m)、神戸新聞杯(阪神、GⅡ、芝2400m)

今日は良いお天気でしたが、すっかり秋の気温で涼しいというより肌寒かったです。
日が暮れると一段と冷え込みました。
皆さん、風邪など引かないように気をつけて下さい。

明日のオールカマー、前日オッズではやはりマツリダゴッホが1倍台の1番人気。
中山大得意のマツリダゴッホ、このレース連覇の可能性大ですね。
2番人気は エアシェイディで、この2頭が単勝10倍未満となっていました。

神戸新聞杯は、ダービー馬のディープスカイが前日オッズで単勝2倍台の1番人気。
こちらは、2~4番人気までが単勝10倍未満。
2番人気は1番人気と差のない3倍台のオウケンブルースリ
ダービー2、3着馬をおさえて、1000万円以下を勝ったばかりの馬が人気を集めています。(意外…)

過去の結果を見てもあまり荒れなさそうな雰囲気ですね…。
このレースで応援するのはダービー2着馬のスマイルジャック

オールカマーは、このレースと相性の良い前走新潟記念組からトウショウシロッコを応援です。

 

今日は福永祐一騎手が阪神4レースでJRA通算983勝目を挙げ、お父さんの福永洋一元騎手の勝利数に並びました。
その時の福永祐一騎手のコメントが、すごく感動的で、福永祐一騎手をデビュー当時から見ていた私は、(大人になったなー)などと、おかーさん目線な感想を抱いてしまいました。

お父さんの福永洋一元騎手はもちろん私が競馬を始めるずーっと以前に引退されていますが、なんの偶然か福永洋一元騎手のドキュメント番組を見た記憶があります。

随分前のことで、はっきりとしたことは記憶にないですが、物凄い辛いリハビリを黙々としている姿に天才と呼ばれる人は、やはり並みの精神力ではないのだな、という感想を持ったことを覚えています。
そして、それを支える周囲の方々がすごく温かく優しい感じで、子供ながらに競馬の関係の人たちに好感を持ちました。

それから何年も後に自分が競馬に夢中になるとは、その時は夢にも思いませんでしたが…。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月26日(金)

オールカマー(中山、GⅡ、芝2200m)、神戸新聞杯(阪神、GⅡ、芝2400m)

台風が去り、今週はずっと良いお天気の予想だったのに、週の後半は天気が崩れて一気に涼しくなりました。
もう9月も終わり。
どんどん秋のGⅠシリーズが近づいてきています。
あさっての日曜日の重賞は、その秋のGⅠを目指す馬たちが出走するレースなので見逃せません。

中山で行われるオールカマー
2002年の新潟での開催を含む過去10年のデータでは、前走が宝塚記念だった馬が3着内率57.1%の好成績。
そして札幌記念(3着内率50.0%)、新潟記念(3着内率30.8%)組が活躍しています。

今回、前走が宝塚記念だった馬はエアシェイディ(牡7)ただ1頭ですが、年齢別の成績では4歳馬、5歳馬が優勢。

年齢別成績(過去10年)
年齢  成績     勝率  連対率  3着内率 
3歳 0-0-0-5    0%   0%    0%
4歳 3-2-2-11   16.7%  27.8%  38.9%
5歳 2-7-2-19   6.7%  30.0%  36.7%
6歳 3-1-4-26   8.8%  11.8%  23.5%
7歳 2-0-1-14   11.8%  11.8%  17.6%
8歳以上 0-0-1-6   0%   0% 14.3%

阪神で行われるのは菊花賞トライアルの神戸新聞杯
過去の優勝馬にはキングカメハメハ、ディープインパクトなどダービー馬の名前があります。

過去10年のデータでもダービーからの直行組が6勝2着5回3着5回と活躍していました。

今年もダービー優勝馬のディープスカイ、ダービー2、3着馬のスマイルジャックブラックシェルと全部で6頭のダービーからの直行組が出走。
要チェックです。

そして過去5年ではブラックシェルに騎乗する武豊騎手が1着2回、2着1回、3着1回と2006年を除く4年で、3着以内という好成績。
3着以内に入ってなかった2006年は代わりといっては何ですが弟の武幸四郎騎手が3着に入っていました。
騎乗馬は後に菊花賞馬になったソングオブウインド

去年の菊花賞馬アサクサキングスもこのレースの2着馬。
今年の2、3着馬もしっかり見ておかなければ。

 

JRAのホームページでフランスのメイショウサムソンの様子を時々チェックしていますが、順調のようですね。
凱旋門賞は来週の日曜日(10月5日)。
どきどきわくわくしますが、この間ロンシャン競馬場で行われたヴェルメイユ賞を観てしまいました。

優勝馬は、無傷の6連勝となったザルカヴァ(牝3)。
スタートで出遅れたのに、直線で最後方から全馬ごぼう抜きで2馬身差です。
何ですか、あの末脚は…。

メイショウサムソン、頑張って欲しいけど…ザルカヴァ、凄すぎる。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月21日(日)

セントライト記念(GⅡ)、ローズステークス(GⅡ)の結果。

菊花賞トライアルのセントライト記念北村宏司騎手騎乗の9番人気、ダイワワイルドボアが勝ちました。

1着 ダイワワイルドボア(牡3、父 アグネスタキオン 、母 セニョラージェ 、母の父 Nureyev )
2着 マイネルチャールズ (牡3、松岡正海騎手、1番人気)
3着 ノットアローン (牡3、蛯名正義騎手、5番人気)

この3頭が菊花賞の優先出走権を獲得。

応援していたネオスピリッツはいい感じで前を走っていましたが、12着に終わりました。
今回、応援は控えめにしていたお気に入りの馬、マイネルチャールズは2着。
やっぱりこの世代では力上位、ということが再確認できたので、本番が楽しみです。

秋華賞トライアルのローズステークスは、川田将雅騎手騎乗の7番人気、マイネレーツェルが勝ちました。

1着 マイネレーツェル(牝3、父 ステイゴールド 、母 ケイアイベール 、母の父 サクラユタカオー )
2着 ムードインディゴ (牝3、福永祐一騎手、9番人気)
3着 レジネッタ (牝3、小牧太騎手、1番人気)

応援していたオディールは離された4着だったので惜しくもないです…。

マイネレーツェルは大好きな馬、ステイゴールドの子なので重賞勝ちしてくれて嬉しいです。
今回応援を見送ったお気に入りの馬、トールポピーは6着。
本番で人気を下げて欲しいので、ここは思惑通りで、よしよし、という感じ。

そんなこんなで、今週もメイン連敗継続というのに、なんだか楽しい気分。
(馬券を当てる気はあるのか…?)

今日は、メイン辺りで阪神競馬場に雷が鳴っていましたが、家の近くでも雷が鳴りだしたので、PCで投票していた私はビクビク。
慌ててメイン競走の購入を済ませ、PCの電源を切り、
「早くどこかへ行って下さい。」(実際はこんな丁寧な言葉ではありません)
と雷さんにお願いしました。
(その願いが通じたのか、最終レースの締め切りには間に合いましたが、間に合わない方が良かったかも。)

阪神競馬場はテレビ画面でもわかるくらいの稲光り。
いつも思うのですが、馬は雷を怖がらないのでしょうか、そして騎手も。
騎手の中にも雷が苦手な人がいる思うのですけど。

 

来週は秋のGⅠを目指す馬たちが集まる中山のオールカマー
夏休みをとっていた実績馬たちも参戦するレース。
去年の優勝馬、マツリダゴッホも出走予定、連覇を狙います。

そして阪神では菊花賞トライアルの神戸新聞杯があります。
出走登録馬にはダービー1着~3着馬のディープスカイスマイルジャックブラックシェル の名前がありました。
混戦模様の3歳世代、このレースも波乱になりそうですね。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月20日(土)

セントライト記念(中山、GⅡ、芝2200m)、ローズステークス(阪神、GⅡ、芝1800m)

明日のセントライト記念はずっと応援しているマイネルチャールズが前日オッズで単勝1番人気ですが、4倍台の怪しい人気です。
前走の札幌記念6着が響いているみたいですね。

今回は様子見ということで、マイネルチャールズの応援は控えめにして芝2200m連対経験馬からネオスピリッツを応援。

ローズステークスは、桜花賞馬レジネッタが前日のオッズで単勝1番人気。
そして、ずっと応援しているオークス馬のトールポピーが2番人気ですが、データ的にはこのレースでのオークス馬の成績は良くないので、トールポピーは本番の秋華賞で応援することにします。

ここで応援するのは微妙に人気していますがオディール

両レースともフルゲートなので、買い目を絞るのが大変…。
夜も更けて思考力もかなり低下してきたので、明日また悩みます。
(新聞見すぎて、目を閉じても残像が…。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月19日(金)

セントライト記念(中山、GⅡ、芝2200m)、ローズステークス(阪神、GⅡ、芝1800m)

今日は関西地方に台風が最接近するというので、かなり警戒していましたが、私の住んでいる辺りは幸いなことに普通の雨の日という感じで、強風が吹く事もなく、通りすぎて行きました。

日曜日には温帯低気圧に変わる見込みだそうですが、これから台風の進路にあたる地域の皆さん、気をつけて下さいね。

 

あさっての日曜日は、菊花賞トライアルのセントライト記念、秋華賞トライアルのローズステークス
春のクラシックで注目されていた馬たちが休養明けで参戦、どんな走りをするのか楽しみなレースです。

セントライト記念は、過去10年(新潟競馬場で行われた2002年を含む)のレース結果では、デビュー戦で人気を集めた馬が好成績。
連対馬のほとんどが、デビュー戦で1番人気、2番人気の馬でした。

デビュー戦の単勝人気  成績    勝率  連対率  3着内率
1番人気         6-3-5-27   14.6%  22.0%   34.1%
2番人気         3-3-0-21   11.1%  22.2%   22.2%
3番人気         0-1-1-14    0%   6.3%   12.5%
4番人気         1-2-0-16   5.3%  15.8%   15.8%
5番人気         0-0-1-8    0%    0%   11.1%
6番人気以下      0-1-3-34    0%   2.6%   10.5%

過去5年、毎年8番人気以下が3着以内に入り、ここ2年連続で2桁人気が3着以内に入っている波乱含みのレース。
だいたい毎年、前走がダービーの馬が人気になっていますが、穴をあけているのは前走が条件レースだった馬が多いようです。

ローズステークスは、前走がオークスだった馬が多く活躍しているイメージのレースですが、過去10年のデータでは意外にも前走、札幌競馬場のレースを走っていた馬が好成績でした。

前走の競馬場   成績    勝率  連対率 3着内率
札幌        3-2-1-8  21.4%  35.7%   42.9%
東京        4-6-3-36  8.2%  20.4%   26.5%
阪神        1-1-0-10  8.3%  16.7%   16.7%
小倉        2-0-2-21  8.0%   8.0%   16.0%
その他の競馬場 0-0-3-27   0%    0%   10.0%
地方競馬     0-1-1-4   0%  16.7%   33.3%

このレースには桜花賞馬レジネッタとオークス馬のトールポピーが出走するので楽しみです。 

ローズステークスといえば、去年の優勝馬のダイワスカーレットが毎日王冠で復帰する予定らしいですね。
ウオッカも毎日王冠からの始動を目指しているみたいだし、久々にこの2頭の対決が見られるかも。
今からワクワクします。

 

JRAニュースの「武豊騎手がメイショウサムソンの調教のためフランスへ」という記事を見て思い出したのが、先週放送のテレビ番組「サタうま!」。
シャンプーハットがメイショウサムソンのオーナー、松本さんに会いに行っていたのですが、武騎手が3週連続でフランスに調教に行くことになっているという話がでて、そのスケジュールが朝、サムソンの調教に乗って終わればすぐに帰ってくる0泊2日!
(フランスに行くのに0泊2日って…。)

松本オーナーは「あれだけの騎手がそこまでしてくれて有難いです。」という様なことを言われてましたが、JRAニュースの記事に

期 間 : 9月24日(水)~9月25日(木)
出張先 : フランス
出張目的 : メイショウサムソン号調教騎乗のため

と載ってたのを見て、武騎手ってやっぱり普通の人じゃないな、と思いました。

「メイショウ」の冠名の由来も、その放送で知ったのですが 、松本オーナーが兵庫県の明石市生まれなので、明石の「明」と松本の「松」を音読みにしたということでした。
(私はずっと「メイショウ」は「名将」だと思っていました。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月15日(月)

朝日チャレンジカップ(GⅢ)の結果

今日の阪神、朝日チャレンジカップ池添謙一騎手騎乗の1番人気、ドリームジャーニーが勝ちました。

1着 ドリームジャーニー(牡4、父 ステイゴールド  、母 オリエンタルアート  、母の父 メジロマックイーン )
2着 トーホウアラン (牡5、岩田康誠騎手、4番人気)
3着 キャプテンベガ (牡5、福永祐一騎手、3番人気)

応援していたウイントリガーは10着でしたが、お気に入りのドリームジャーニーが強い勝ち方をしてくれたので、よしとします。

今週末は、菊花賞トライアルのセントライト記念、秋華賞トライアルのローズステークス

セントライト記念には、日本ダービー2着のスマイルジャック、皐月賞2着のタケミカヅチ、重賞2勝馬のマイネルチャールズ
ローズステークスは、桜花賞馬のレジネッタ、オークス馬のトールポピーらが登録。

お気に入りの馬が出走する予定なので、とても楽しみです。

楽しかった3日間開催も終了。
結局、重賞はひとつも的中せず、応援馬はことごとく2桁着順という悲惨な結果。
ちょっと元気をなくした連休最終日でしたが、出走登録馬の名前を見ていたら元気になりました。
(立ち直り、はやすぎませんか…?)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (5) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月14日(日)

朝日チャレンジカップ(阪神、GⅢ、芝2000m)

今日の中山、京成杯オータムハンデは3番人気、藤田伸二騎手騎乗のキストゥヘヴンが勝ちました。

1着 キストゥヘヴン (牝5、父 アドマイヤベガ 、母 ロングバージン 、母の父 ノーザンテースト )
2着 レッツゴーキリシマ (牡3、北村宏司騎手、10番人気)
3着 ステキシンスケクン (牡5、後藤浩輝騎手、2番人気)

2着に2桁人気がきて、3連単は124,050円。

応援していたサトノプログレスは12着…。

阪神の「サマースプリントシリーズ」最終戦、セントウルステークス小牧太騎手騎乗の3番人気、カノヤザクラが勝ちました。

1着 カノヤザクラ(牝4、父 サクラバクシンオー 、母 ウッドマンズシック 、母の父 Woodman )
2着 シンボリグラン (牡6、福永祐一騎手、11番人気)
3着 スプリングソング (牡3、武幸四郎騎手、9番人気)

こちらも2着に2桁人気がきて、3連単は881,820円と大荒れ。
(今日の重賞のキーワードは3番人気の牝馬…?)

応援していた池添謙一騎手騎乗のマルカフェニックスは7着で、サマージョッキーズシリーズは小牧太騎手が、池添騎手のポイントを逆転し、チャンピオンに。

そして、サマースプリントシリーズはアイビスサマーダッシュ、このレースと重賞連勝のカノヤザクラがダントツ1位でチャンピオンに輝きました。
そういえば、去年のこのシリーズもサンアディユがアイビスサマーダッシュとセントウルステークスを勝ってチャンピオンになっていました。
サンアディユにはお世話になったのに、すっかり忘れていました。)

JRAサマーシリーズ ポイントランキング

3日開催最終日の重賞は、朝日チャレンジカップ

過去10年の優勝馬のうち7頭が、このレースで初重賞制覇。
まさにチャレンジカップですね。

2006年の中京開催を除く過去10回のデータでは、佐藤哲三騎手が最多の3勝。
騎乗馬は3回とも違う馬でした。

このコースはお得意のようです。

そして気になるのは和田竜二騎手。
ここ5年で2回馬券に絡んでいますが、いずれも10番人気、7番人気と人気薄での連対でした。

年齢別では、優勝馬は全て3歳、4歳、5歳の馬。
6歳以上の馬は苦戦しています。

年齢別成績(過去10回)

年齢     成績   勝率   連対率  3着内率
3歳    1-0-2-3  16.7%   16.7%    50.0%
4歳    4-2-2-20 14.3%   21.4%    28.6%
5歳    5-6-3-22 13.9%   30.6%    38.9%
6歳    0-2-0-24   0%   7.7%    7.7%
7歳    0-0-3-8   0%    0%    27.3%
8歳以上 0-0-0-4   0%    0%     0%

前日オッズでは、 ドリームジャーニーが単勝1倍台のダントツ1番人気。

ドリームジャーニーはお気に入り馬なので特別応援。
そして、気になる和田竜二騎手が騎乗するウイントリガーを応援です。

土、日と重賞連敗で、明日もなんだか自信がなくなってきた感がありますが、最後の力(資金?)を振り絞って明日も万馬券奪取を目指します。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月13日(土)

京成杯オータムハンデ(中山、GⅢ、芝1600m)、セントウルステークス(阪神、GⅡ、芝1200m)

今日の札幌、エルムステークスは3番人気、岩田康誠騎手騎乗のフェラーリピサが勝ちました。

1着 フェラーリピサ (牡4、父 Touch Gold 、母 Dolly Talbo 、母の父 Capote )
2着 トーセンブライト (牡7、藤岡佑介騎手、7番人気)
3着 エアアドニス (牡6、松田大作騎手、8番人気)

1番人気が絡まず、2、3着が人気薄だったのでもう少し高配当かな、と思いましたが3連単は67,490円でした。
皆さん、見る目があります。

応援していたアドマイヤスバルは7着でした。

秋華賞トライアルの紫苑ステークス松岡正海騎手騎乗の4番人気、モエレカトリーナが勝ちました。

1着 モエレカトリーナ (牝3、父 ゴールドヘイロー 、母 シーワン 、母の父 タイトスポット )
2着 デヴェロッペ (牝3、吉田豊騎手、2番人気)
3着 レッドアゲート (牝3、内田博幸騎手、1番人気)

モエレカトリーナデヴェロッペの上位2頭がが秋華賞の優先出走権を獲得しました。

応援していたアポロクイックは惜しくも4着。
(やっと、応援馬が惜しい着順に。不調続きだと、これだけでちょっと嬉しい…。)

明日の中山のメイン、京成杯オータムハンデは、過去10回のデータでは、負担重量57キロ以上の馬が活躍していますが、今年のトップハンデは56キロ。

前日オッズの1番人気、リザーブカードと2番人気のステキシンスケクンはともに56キロですが、56キロ~56.5キロの馬は、1着1回、2着2回、3着1回で3着内率は25.0%とまあまあの成績でした。

そして、このレースと相性のいい調教師さんがこの6名。
このレースでの成績上位6名の調教師さんのうちのいずれかの管理馬が、毎年必ず3着以内に入っていました。

調教師別成績(過去10回)
調教師   成績     勝率  連対率 3着内率
藤沢和雄  3-3-1-8  20.0%  40.0%   46.7%
堀井雅広  2-0-0-5  28.6%  28.6%   28.6%
佐藤吉勝  0-2-0-0   0%   100%   100%
中野栄治  0-1-1-2   0%  25.0%   50.0%
国枝栄   0-0-3-2   0%   0%    60.0%
中尾正   0-0-2-1   0%   0%    66.7%

今年は国枝栄調教師がクーヴェルチュールサトノプログレスの2頭出し。

阪神のメインは「サマースプリントシリーズ」の最終戦、スプリンターズSの前哨戦でもあるセントウルステークスです。
この時期の開催になった2000年以降の過去8年では、4歳馬が4勝、5歳馬が3勝、6歳以上の馬は1勝。
4歳、5歳馬が好成績を残しています。

3歳馬は出走馬17頭中、2着2回、3着1回と苦戦気味です。

このレースは「サマージョッキーズシリーズ」の最終戦。
ポイントランキング1位から3位の池添謙一騎手、秋山真一郎騎手、岩田康誠騎手が揃って参戦。
勝てば逆転優勝の可能性もある、現在5位の小牧太騎手、藤岡佑介騎手にも注目です。

前日オッズではスズカフェニックスが1番人気、2番人気はファイングレインでした。

このレースの単勝1、2番人気の成績は
      成績    勝率  連対率  3着内率
1番人気  3-2-3-0  37.5%  62.5%  100.0%
2番人気  2-3-2-1  25.0%  62.5%  87.5%

ということで、1、2番人気には逆らわないほうが良さそうな雰囲気ですね。

このレースで応援するのは、サマージョッキーズシリーズのチャンピオン狙いに意欲をみせていた池添謙一騎手が騎乗するマルカフェニックス。

京成杯オータムハンデは、3着しかないところが気になりますが、国枝栄調教師の管理馬サトノプログレスを応援です。

明日は、応援馬が3着以内にきますように…。
(そして出来れば馬券も的中しますように。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月12日(金)

エルムステークス(札幌、GⅢ、ダート1700m)、紫苑ステークス(中山、3歳オープン、芝2000m)

今週は土、日、月の3日間開催。
3日とも重賞レースがあるので、楽しさ3倍の連休です。

明日の札幌のメインは、JRAダート重賞唯一の1700m戦、エルムステークス

過去10年のレース結果では、レース間隔の詰まっている馬は、苦戦傾向となっていました。

前走との間隔別成績(過去10年)
前走との間隔   成績    勝率  連対率  3着内率 
連闘~中2週  0-1-2-31   0%  2.9%   8.8%
中3週以上  10-9-8-65 10.9%  20.7%  29.3%

そして、前走がJRA重賞、地方競馬のダートグレード競走だった馬が7勝と好成績で、着順が2桁だった馬からも、勝ち馬、連対馬がでています。

去年の優勝馬、メイショウトウコンが1番人気になりそうですが、このレースは4歳、5歳馬の活躍が目立つレース。
過去5年で6歳馬の優勝は1回だけ、1番人気の優勝も1回。
連覇はなるのでしょうか。

中山では、3歳牝馬最後の1冠を目指す馬たちが出走する、秋華賞トライアルの紫苑ステークスが行われます。
2着以内の馬が秋華賞の優先出走権を獲得できます。

創設された2000年から、新潟競馬場で行われた2002年を除く、過去7回では、優勝馬は全て単勝5番人気以内、2着馬も1頭を除く6頭が5番人気以内と人気馬が活躍しています。

オープン特別競走のこのレースには、重賞未経験馬も多数、出走してきますが、重賞未経験馬は重賞レース出走経験馬に比べ、連対率、3着内率は少し低いようです。

重賞レースの出走経験有無別成績(過去7回)
出走経験  成績    勝率  連対率  3着内率 
あり   4-7-5-31  8.5%  23.4%  34.0%
なし   3-0-2-35  7.5%  7.5%  12.5%
※地方のダートグレード競走を除く

このレースは、レッドアゲートが人気を集めそうですね。
ほとんどが関東馬いうこともあって、他はあまり馴染みのない馬ばかり。ちょっと悩みますがアポロクイックを応援。

エルムステークスは、札幌のダート戦3勝のアドマイヤスバルを応援です。

 

どうか月曜の最終レースまで、お小遣いが続きますように…。
(そして出来れば増えていますように。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月7日(日)

新潟2歳ステークス(GⅢ)、小倉2歳ステークス(GⅢ)の結果。

新潟2歳ステークスは、岩田康誠騎手騎乗の1番人気、セイウンワンダーが勝ちました。

1着 セイウンワンダー(牡2、父 グラスワンダー 、母 セイウンクノイチ 、母の父 サンデーサイレンス )
2着 ツクバホクトオー (牡2、田中勝春騎手、15番人気)
3着 バンガロール (牡2、石橋脩騎手、4番人気)

先週に引き続き、最低人気馬の連対で3連単は173,450円。

応援していたストロングガルーダは7着でした。
荒れると思い、結構な人気薄を応援したつもりでしたが、最低人気はチェック外でした。

小倉2歳ステークスは、3番人気のデグラーティアの勝利。
騎乗していた浜中俊騎手は重賞初制覇でした。

1着 デグラーティア (牝2、父 フジキセキ 、母 デフィニット 、母の父 Dehere )
2着 コウエイハート (牝2、川田将雅騎手、8番人気)
3着 ツルマルジャパン (牡2、武豊騎手、1番人気)

応援していたマルカゼウスは8着。
馬券は的中しませんでしたが、浜中俊騎手の地元、小倉での重賞初制覇を応援していたので嬉しいです。

浜中俊騎手は、本年度の九州競馬記者クラブ「小倉ターフ賞」を受賞。
この賞は小倉競馬開催で活躍または話題を集めた競馬サークル関係者に贈呈される賞だそうですが、本当に大活躍でした。

今週で小倉、新潟開催が終了。

小倉のリーディングジョッキーは武豊騎手、新潟競馬リーディングジョッキーは松岡正海騎手となりました。

武豊騎手は結構勝っているのに、今年は本当に重賞に縁がないですね。
秋以降の巻き返しはあるのか…?それとも…?注目したいです。

今日は小倉の3レース、3歳牝馬未勝利戦でJRA歴代3位、小倉競馬史上最高の高額払戻金がでました。

1着 ユーピロンユー (田辺裕信騎手、12番人気)
2着 ホッコーマスコット (赤木高太郎騎手、13番人気)
3着 メイショウオバナ (武豊騎手、3番人気)
馬連 398,100円、馬単 344,950円、3連複 1,326,370円、3連単 10,929,500円

なぜか馬単より馬連の方が高配当…。

JRA「高額払戻金ランキング」ページ

今日は新潟でも1レースから3連単 414,650円と大荒れで、3レースは1,483,760円、4レース、825,920円、10レース、1,988,740円と高配当が続出。

秋競馬以降も引き続き、3連単の全レース発売がされるそうですが、これは真剣に3連単での勝負を考えないと…と馬連でも苦戦しているというのに無謀な考えが頭をよぎる今日この頃です。

来週は土、日、月の3日間開催。
中山、阪神開催が始まります。
阪神競馬場では、サマースプリントシリーズの最終戦。セントウルステークスがあります。
このレースでサマーシリーズも終了。

スプリントシリーズ、ジョッキーズシリーズのチャンピオンが誰になるか楽しみです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月6日(土)

新潟2歳ステークス(新潟、GⅢ、芝1600m)、小倉2歳ステークス(小倉、GⅢ、芝1200m)

明日の新潟2歳ステークス、前日オッズの1番人気はセイウンワンダー
前走は阪神競馬場、芝1600mの未勝利戦ですが、未勝利戦から参戦した馬は、まだ1着がありません。

前走未勝利戦の馬の成績は 
0-3-1-26 
そして、前走が新潟競馬場以外で走っていた馬は
1-0-0-22

軸にするにはかなり不安な1番人気といえそうです。

小倉2歳ステークスは、ツルマルジャパンが単勝1倍台の断然人気。
6枠~8枠が有利のこのレース、最内というのが不安ですが、1枠1番は2005年に1着1回(アルーリングボイス)、しかもその時騎乗していたのは、今回と同じ武豊騎手でした。
武騎手は、経験上、あまりデータには当てはまらない人なので、枠順はあまり関係ないかもしれません。

そして、このレースの単勝1倍台の馬の成績は 
2-0-0-2 
と50%の確率ですが、

単勝2~3.9倍の成績は
0-0-2-5 
となっていたので、馬券に入れるかどうかは、明日のオッズをチェックしてから決めることになりそうです。

この小倉2歳ステークスで応援するのは、外枠の馬からマルカゼウス

新潟2歳ステークスでは、このレースで過去6年で5頭の1着馬を出している前走1400mの馬からストロングガルーダを応援です。

1番人気の取捨っていつもものすごーく悩みますが、今回は特に悩んでいます。
(多分、いつものように、高配当に目がくらみ、締切り直前で切るんだろうけど…。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (1)

2008年9月 5日 (金)

はみだし競馬ファンの週末日記 9月5日(金)

新潟2歳ステークス(新潟、GⅢ、芝1600m)、小倉2歳ステークス(小倉、GⅢ、芝1200m)

9月最初の週末がやってきました。
あさっての日曜日は、3回開催が終了する新潟と小倉で2歳重賞のレース。

マイル戦の新潟2歳ステークスは、現在の条件になった2002年からの過去6年、前走1着だった馬が、3着以内馬18頭中17頭を占めています。
前走2着以下の馬から3着以内に入ったのは昨年の2着馬のシャランジュ(前走:ダリア賞6着)のみでした。

前走の条件別ではオープン特別組と新馬組が活躍しているようです。

前走の条件別成績(過去6年) 
前走のクラス    成績     勝率  連対率  3着内率 
オープン特別  3-1-3-22  10.3%  13.8%   24.1%
新馬        3-2-2-33  7.5%  12.5%   17.5%
未勝利      0-3-1-26   0%  10.0%   13.3%
地方のレース  0-0-0-1   0%   0%     0%

そして、過去6年の3着以内馬18頭中17頭が、前走、新潟競馬場のレースに出走していました。
 

小倉2歳ステークスは、過去10年のレース結果では、1枠から4枠で連対馬した馬はわずか3頭、3着馬も2頭と外枠有利の傾向。

3着以内馬の前走レースは、全て新馬戦、未勝利戦、フェニックス賞。
そのレース別の内訳ですが、出走資格が初出走馬のみに変更された2003年より前は、前走新馬戦組が1番多くの連対馬を出していましたが、2003年以降の過去5年では前走未勝利戦組が、1番多くの連対馬を出しています。

データは色々ありますが、出走馬のほとんどが1戦、2戦馬。
いつも以上に悩みそうです。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月 1日 (月)

はみだし競馬ファンの週末日記 8月31日(日)

キーンランドカップ(GⅢ)、新潟記念(GⅢ)の結果

サマースプリントシリーズ第4戦、キーンランドカップは、秋山真一郎騎手騎乗の16番人気、タニノマティーニが勝ちました。

1着 タニノマティーニ (牡8、父 ウォーニング 、母 タニノメール 、母の父 リヴリア )
2着 ビービーガルダン (牡4、安藤勝己騎手、2番人気)
3着 キンシャサノキセキ (牡5、岩田康誠騎手、1番人気)

16頭立て最低人気だったタニノマティーニの単勝は16,140円。
3連単は561,610円 でした。

サマースプリントシリーズのポイントランキングはキンシャサノキセキが現在1位ですが、逆転可能な馬がたくさんいるので、最終戦のセントウルステークスが楽しみです。

応援していたプレミアムボックスは直線全く伸びず12着…。

サマー2000シリーズの最終戦の新潟記念、こちらも勝ったのは超人気薄、16番人気のアルコセニョーラ
騎乗していたのは、3連単の高額払戻金ランキングの2位、3位に名前が載っている武士沢友治騎手でした。

1着 アルコセニョーラ (牝4、父 ステイゴールド 、母 サイレーン、 母の父 モガンボ)
2着 マイネルキッツ (牡5、後藤浩輝騎手、2番人気)
3着 トウショウシロッコ (牡5、木幡初広騎手、14番人気)

3着にも2桁人気がきて、3連単は1,028,690円の大波乱。
応援していたキャッチータイトルは17着でした。

キャッチータイトルを選択するときに軽量、牝馬で選んだので、同じ軽量、牝馬のアルコセニョーラからも流していたのに、マイネルキッツが抜けていました…。
(ショック大です。)

この夏の重賞は結構人気サイドで決まっていたのに、最後の方で思いっきり荒れましたね。

サマー2000シリーズ、ポイントはタスカータソルテと同じですが、上位着順の回数が多いミヤビランベリがチャンピオンになりました。

サマージョッキーズシリーズは池添謙一騎手がトップの座をキープしていますが、函館記念2着、札幌記念3着、そして今日のキーンランドカップ1着と、3着内率100%の秋山真一郎騎手が2ポイント差で2位に浮上、3位の岩田康誠騎手も2位とは2ポイント差の僅差、4位以下の騎手も逆転できるポイント差なので、まだまだわかりません。

上位3人の騎手はいずれも関西の騎手。最終戦のセントウルステークスは阪神で行われるので直接対決の可能性大。
楽しみです。

来週は、2歳重賞の新潟2歳ステークス小倉2歳ステークス
今日の流れで、来週も荒れるかも、とちょっと期待しています。
(荒れたからといって、馬券が当たるわけではないですが…。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »