« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月28日(火)

○UMANGA杯の優勝者は…。

私も参加していましたが、1ポイントもとれずに終わった 4コマ漫画で振り返る競馬ブログ。 ~UMANGA~ で開催された予想大会、UMANGA杯の優勝者はおおうちさんでした。おめでとうございます。

優勝賞品はいつも競馬4コマ漫画で楽しませて頂いている4コマ漫画で振り返る競馬ブログ。 ~UMANGA~のゆうさん制作のCM動画です。
(いつもながら、素晴らしい作品です。)

CM動画はこちらからUMANGA杯優勝者はこの人

フローテーションを◎に指定して菊花賞の三連複を見事に的中!優勝者おおうちさんのブログ、 穴馬を探せ!~万馬券の素

私と同じく秋のGⅠ連敗中の方はあやかりに行ってみて下さい。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月26日(日)

菊花賞(GⅠ)の結果。

3歳牡馬クラシック最終戦の菊花賞、最後の1冠を獲得したのは1番人気に応えた内田博幸騎手騎乗のオウケンブルースリでした。

1着 オウケンブルースリ(牡3、父 ジャングルポケット 、母 シルバージョイ 、母の父 Silver Deputy )
2着 フローテーション (牡3、藤岡佑介騎手、15番人気)
3着 ナムラクレセント (牡3、和田竜二騎手、9番人気)

応援していたマイネルチャールズは5着、メイショウクオリアは12着でした…。
秋のGⅠ、連敗(&惨敗)中です。

今日は京都競馬場で最終レース終了後に行われていた、ジョッキーによる菊花賞のレース回顧を観覧してきました。
そこで話題になっていたのがノットアローン

「スタートしてから上げていったので、さすがノリさんやな、と思ってたらもって行かれてました。」
というコメントで会場は大爆笑。

そして東京に帰った横山典弘騎手からお客さんへの伝言、
「11レース、12レース暴走してすみませんでした。」
で、またまた大爆笑でした。

レース中の位置取りや、心境など実際にレースに出場しているジョッキーのレース回顧は、なるほど、と思うし、ああ、あの場面はそういうことだったのか、と納得することも多くて、とても面白いです。

今日の京都競馬場のゲストはアントニオ猪木さんだったのですが「ダー!」つながり(?)の和田竜二騎手が菊花賞3着。

で、レース回顧の後のジョッキーチャリティーオークションには、ガウン姿の和田竜二騎手が、お約束の
「1、2、3着、ダー!」
で登場し、会場をしーん、とさせていました…。
(和田騎手、いつもながら楽しい人です。)

チャリティーオークションでの落札最高価格は、武豊騎手のブルゾンや京都競馬場通算1000回騎乗達成記念で展示されていたパネルやゼッケンなどで22万円!

変わったところでは福永祐一騎手と一緒に11月3日に園田競馬場でJBCクラシックを観戦できる権利が6万円超えで落札されていました。
皆さんお金持ちですねー、驚きでした。

来週はいよいよ天皇賞(秋)。
出走予定馬には3世代のダービー馬、メイショウサムソンウオッカディープスカイ
そして去年の最優秀3歳牝馬、ダイワスカーレット、重賞連勝中のドリームジャーニーも参戦予定。
久々にウオッカダイワスカーレットの対決も見れそうだし、ものすごく楽しめるレースになりそうです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (5) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月25日(土)

菊花賞(京都、GⅠ、芝3000m)

今日の東京、富士ステークス(GⅢ)は4番人気、横山典弘騎手騎乗のサイレントプライドが勝ちました。

1着 サイレントプライド(牡5、父 フレンチデピュティ 、母 サイレントプレアー 、母の父 サンデーサイレンス )
2着 リザーブカード (牡5、柴山雄一騎手、5番人気)
3着 バトルバニヤン (牡4、岩田康誠騎手、7番人気)

応援していたレッツゴーキリシマは5着。
昨日、このブログのコメントで人気を集めていた応援穴馬のバトルバニヤンは3着でしたが1、2着のつもりだったので馬券は的中しませんでした。
残念…。

明日はいよいよ3歳牡馬クラシック最終戦の菊花賞

菊花賞の開催時期が11月から10月に変更された2000年以降の過去8年では前走神戸新聞杯組が6勝、2着3回、3着6回とダントツの成績。
過去5年で前走神戸新聞杯組が1~3着を独占した年は3回とその活躍ぶりが目立ちます。

前日オッズではオウケンブルースリが1番人気でしたが、過去8年で連対したのはディープインパクトだけという厳しいデータ。

2番人気はセントライト記念2着馬のマイネルチャールズ、3番人気はセントライト記念1着馬のダイワワイルドボア
過去8年でセントライト記念1着馬のこのレースでの成績は出走5回のうち3着が1回だけで連対はなし。
連対したことがあるのはセントライト記念の2着馬(2回)と4着馬(1回)でした。

4番人気はダービー2着馬のスマイルジャック
ダービー2着馬のこのレースの成績は過去68回で11勝でダービー馬の8勝を上回っています。
もしスマイルジャックが勝てば去年のアサクサキングスに続きダービー2着馬の連覇となりますが…。

人気馬をあまり買いたくないのでいろいろデータを調べてみましたが、何だかみんな怪しい…。

他の人気馬をどうするかは明日考えるとして、ずっと応援しているマイネルチャールズは応援します。
応援穴馬は、最低人気でも40倍台というあまり差のない単勝オッズで、かなり悩みましたが、京都の芝で実績のあるメイショウクオリアにしました。

今日はスーパールーキーの三浦皇成騎手が福島1レースでいきなりJRA新人最多勝利記録を達成。
4レースでも勝って記録を71勝に伸ばしています。
今年はあと何勝するのでしょうね、楽しみです。

記録達成記念ブルゾンのプレゼントがあるみたいです。

JRAニュース 三浦 皇成騎手 JRA新人最多勝利達成記念ブルゾンプレゼント

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月24日(金)

富士ステークス(東京、GⅢ、芝1600m)

明日の土曜日はマイルチャンピオンシップの前哨戦、富士ステークス
10月のマイル戦になった2000年からの過去8年のレース結果では、連対数、3着内率は5歳がトップ。

勝率では7歳馬が最多の4勝でトップですが、その4頭の7歳馬には前走が重賞で3着以内という共通点が。
今年出走の7歳馬には該当する馬はいないようですが…。

また、過去8年でこのレースで連対した16頭のすべてが前走で5着以内に入っていました。
中でも前走が3着だった馬は3着内率44.4%の高率でした。

前走の着順別成績(過去8年)
前走の着順 成績   勝率  連対率  3着内率
1着    1-3-1-14    5.3%   21.1%   26.3% 
2着    2-2-1-16    9.5%   19.0%   23.8% 
3着    3-1-0-5    33.3%   44.4%   44.4% 
4、5着  2-2-2-10   12.5%   25.0%   37.5% 
6着以下  0-0-4-60    0%    0%   6.3%

前日オッズではエイシンドーバーが1番人気、マルカシェンクが2番人気、3番人気がレッツゴーキリシマ
そして4番人気のフサイチアソートまでが単勝10倍未満でした。
まだあまり差がないので明日は順位が変わるかもしれませんね。

過去8年で1番人気はわずかに2連対のこのレース。
今年も波乱を期待。

応援するのはレッツゴーキリシマ
人気馬なので、応援穴馬としてもう一頭バトルバニヤンを応援です。

先週の秋華賞、JRA重賞最高配当を更新した驚きの3連単の的中数は410票(1票100円)。
3連単の売上総額61億112万1800円の中で、41000円分のみの的中だったそうです。

競馬場、ウインズ別では、
1位 京都競馬場17票
2位 ウインズ後楽園、梅田15票
4位 東京競馬場13票
5位 ウインズ横浜、広島12票
7位 ウインズ浅草7票
8位 ウインズ渋谷、中京競馬場6票
(電話投票は185票)

京都競馬場が最多でしたか…。

どこかのスポーツニュースの記事で、
京都競馬場の指定席エリアでグループ買いしていた男性が、プロヴィナージュからの1頭マルチ総流しを200円ずつ買っていた。
というのを見ました。
同じ指定席エリアに2000千万円とっていた人がいたのかと思うと、あの大万馬券がちょっと身近に思えたりして。
できれば換金しているところを目撃したかったです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (5) | トラックバック (1)

2008年10月19日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月19日(日)

秋華賞(GⅠ)、府中牝馬ステークス(GⅢ)の結果

秋華賞が終わった直後、場内はざわめいていましたが、払戻金が画面に表示された瞬間、ざわめきはどよめきに…。
秋の3歳女王に輝いたのは11番人気、岩田康誠騎手騎乗のブラックエンブレムでした。

1着 ブラックエンブレム (牝3、父 ウォーエンブレム 、母 ヴァンドノワール 、母の父 ヘクタープロテクター )
2着 ムードインディゴ (牝3、福永祐一騎手、8番人気)
3着 プロヴィナージュ (牝3、佐藤哲三騎手、16番人気)

混戦の3歳牝馬GⅠ最終戦は3連複1,869,680円 、3連単10,982,020円。
桜花賞を上回る荒れっぷりでした。

ブラックエンブレムは穴馬として馬券のあちこちに入っていましたが、2、3着馬はまったく無視でした。
昨日は2番人気だったトールポピーが1番人気になった時点で、人気上位馬は来ないと思い、荒れるかも…と期待しましたが、ここまでとは…。

応援していたトールポピーは10着、マイネレーツェルは15着。
惨敗です。

府中牝馬ステークス吉田豊騎手騎乗の4番人気、ブルーメンブラットが勝ちました。

1着 ブルーメンブラット (牝5、父 アドマイヤベガ 、母 マイワイルドフラワー 、母の父 Topsider )
2着 カワカミプリンセス (牝5、横山典弘騎手、1番人気)
3着 ベッラレイア (牝4、秋山真一郎騎手、3番人気)

こちらは例年通り、かたい決着。
応援していたお気に入り馬カワカミプリンセスが2着で押さえに買っていた3連複が的中。
(配当は少なめですが、メインが当たると嬉しいです。)

もう一頭の応援馬はアルコセニョーラは8着でした。

今日はスーパールーキーの三浦皇成騎手が京都競馬場で騎乗、結構人気になっていたりしたので、もしや記録更新の瞬間をみられるのでは…と期待しましたが残念ながら勝ち星はありませんでした。

 

まったく思いもつかない結果の秋華賞でしたが、根っからの穴党なのか当たらなくても荒れるとなんだか嬉しいから困ります。
今日は生ユキチャンを見れたのでとても満足。
ユキチャンは残念ながら17着でした。

081019_151001 秋華賞のパドックはユキチャン目当てと思われる人でぎっしり。

 

 

 

 

 

 

081019_150901 ほとんどユキチャンしか見ていません。

081019_152101

まるで白鳥。

                       

081019_152201 真っ白な馬体が日差しの中できらきら輝いて本当に綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (5) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月18日(土)

秋華賞(京都、GⅠ、芝2000m)、府中牝馬ステークス(東京、GⅢ、芝1800m)

今日のデイリー杯2歳ステークス(GⅡ)は3番人気、北村友一騎手騎乗のシェーンヴァルトが勝ちました。

1着 シェーンヴァルト(牡2、父 ジャングルポケット 、母 シェーンクライト 、母の父 エリシオ )
2着 ホッコータキオン (牡2、飯田祐史騎手、1番人気)
3着 キングスレガリア (牡2、福永祐一騎手、8番人気)

北村友一騎手はデビュー3年目での重賞初勝利、検量室では他の騎手たちから祝福をうけていました。
おめでとうございます。

応援していたキングスレガリアが3着にきてくれたので何とか3連複だけはゲット。
万馬券には遠かったですが、重賞連敗はやっと止まりました。
(一体いつから重賞とれてなかったんでしょう…忘れる程前からなのは確かです。)

明日はいよいよ秋の3歳女王決定戦、秋華賞
アイドルホースの白毛馬ユキチャンも参戦、明日は京都競馬場が混みそうです。

過去10年のデータでは前走ローズステークス組が7勝、2着7回。
3着以内に1頭も入らなかった年は1度もないという圧倒的な強さです。

通算勝利数別では、勝ち星が多いほど勝率、連対率、3着率が高くなっていました。

通算勝利数別成績(過去10年)
通算勝利数 成績    勝率  連対率 3着内率
1勝    0-0-1-11   0%    0%    8.3%
2勝    1-2-4-75   1.2%  3.7%   8.5%
3勝    2-6-2-53   3.2%  12.7%   15.9%
4勝    5-1-2-11  26.3%  31.6%   42.1%
5勝    2-1-1-0   50.0%  75.5%   100%

今回の出走馬の中でローズステークス1着馬のマイネレーツェルが最多の4勝。

前日オッズではレジネッタトールポピーを抜いて1番人気。
ここ5年、2番人気が5連勝のこのレース、トールポピーを応援している私としてはそのまま、という気持ちです。

東京のメインは、こちらも牝馬の戦い府中牝馬ステークス
過去10年では1着~3着を4歳、5歳馬が独占。
勝利数は4歳馬が7勝、5歳馬が3勝、連対率、3着内率も4歳馬が5歳馬を上回っていました。

そして優勝馬の単勝人気は全て5番人気以内と上位人気馬が活躍する傾向のようです。

単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気    成績    勝率   連対率  3着内率
1番人気    5-2-2-1   50.0%   70.0%   90.0%
2番人気    1-1-3-5   10.0%   20.0%   50.0%
3番人気    1-3-0-6   10.0%   40.0%   40.0%
4、5番人気  3-2-4-11  15.0%   25.0%   45.0%
6~9番人気  0-2-1-37   0%    5.0%    7.5%
10番人気以下 0-0-0-49   0%    0%     0%

前日オッズではカワカミプリンセスが1番人気、2番人気はキストゥヘヴン、3番人気がベッラレイア、そして4番人気のブルーメンブラットとこの4頭が単勝10倍以下。
あまり人気馬は応援しないのですがカワカミプリンセスはお気に入り馬なので、無条件に応援。
そしてもう一頭、アルコセニョーラを応援です。

秋華賞も人気馬ですが、お気に入り馬のトールポピーを応援、そしてこれ以上人気が上がらないで欲しいマイネレーツェルを応援です。
ユキチャンは今回は気持ちだけで応援。

両レースとも18頭なので、出走表をみるだけでも大変です。
明日もぎりぎりまで悩むことになりそう…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月17日(金)

デイリー杯2歳ステークス(京都、GⅡ、芝1600m)

明日は2歳王者決定戦、朝日杯フューチュリーステークスへのステップレース、デイリー杯2歳ステークス
この春の皐月賞の1、2着馬キャプテントゥーレタケミカヅチは昨年のこのレースの1、2着馬。
今年の出走馬の中にも未来のクラシック馬がいるかもしれないと思うと、応援にも力が入ります。

過去10年では1番人気は6勝、3着1回で3着内率70%、2番人気は1着はないものの2着5回で3着内率70%、3番人気は1勝、2着3回、3着3回で3着内率70%と高い数字。
人気馬が期待に応えて結果を残していますが、6~9番人気の馬も3勝しているので油断はできません。

新聞の予想などをみるとアラシヲヨブオトコシェーンヴァルトホッコータキオンあたりが人気になりそうですね。

この3頭の前走はそれぞれ新馬戦、未勝利戦、野路菊Sですが、過去10年の前走レース別では野路菊ステークス組が最多の3勝。
2着1回、3着は2回で3着内率26.1%、
未勝利戦の馬は2勝、3着3回で3着内率14.3%、
3着内率が1番高かったのは1着1回、2着4回、3着1回で3着内率35.3%で前走新馬戦の馬でした。

ほとんどが見たことがない名前の馬ばかりで迷いましたが、ちょっと波乱を期待してキングスレガリアを応援です。

明日のレースの出馬表をみながらも、ついつい秋華賞の出馬表を見てもう悩み始めています。
ユキチャン、やっぱり出走してきました。
楽しみですが、困ります…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (1)

2008年10月12日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月12日(日)

毎日王冠(GⅡ)、京都大賞典(GⅡ)の結果

ウォッカが逃げて場内がどよめいた毎日王冠
勝ったのは2番人気、ゴール前でウォッカを捕らえた藤岡佑介騎手騎乗のスーパーホーネットでした。

1着 スーパーホーネット(牡5、父 ロドリゴデトリアーノ 、母 ユウサンポリッシュ 、母父 エルセニョール )
2着 ウオッカ(牝4、武豊騎手、1番人気)
3着 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅騎手、10番人気)

武豊騎手、今年は本当に重賞勝てないですね…。

応援していたサクラメガワンダーは4着。
(そこまで来ているんだったらもうちょっと頑張って欲しかった。)

081012_152801n

京都大賞典は4番人気、鮫島良太騎手騎乗のトーホウアランが勝ちました。

1着 トーホウアラン(牡5、父 ダンスインザダーク、母 ヒドゥンダンス 、母父 Nureyev )
2着 アドマイヤモナーク(牡7、安藤勝己騎手、6番人気)
3着 アイポッパー(牡8、上村洋行騎手、7番人気)

過去10年のデータを覆し、1、2番人気が揃って馬券対象外に。
今日は現地でパドックを見ていましたが、どうもこの1、2番人気が怪しいので急遽、応援馬で3着狙いだったアドマイヤモナークトーホウアランを1、2着にして馬券を組みなおしましたが、3着にアイポッパーが入っていませんでした…残念。

よく考えたら馬連か馬単でも良かったのに京都大賞典→堅い→3連単勝負の思考からどうしても離れられずこの結果。
ということで、またまたメイン連敗継続。
ここまで続くと、いつまで続くのか何だか楽しみになってきたりして。

来週は牝馬三冠の最後の一冠、秋華賞。
桜花賞馬のレジネッタ 、オークス馬のトールポピー 、桜花賞、オークスともに2着だったエフティマイアなどか出走予定。
そしてあのユキチャンも出走してくるかも。。
出てくれば史上初の白毛馬のGⅠ出走になり、またまた注目を集めそうですね。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (5) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月11日(土)

毎日王冠(東京、GⅡ、芝1800m)、京都大賞典(京都、GⅡ、芝2400m)

明日の毎日王冠、前日オッズではウオッカが1倍台でダントツの1番人気。
そしてスーパーホーネットが2番人気。

3番人気は今日の東京7、8、9、11レースを勝ち、騎乗機会4連続勝利で武豊騎手の持つ新人騎手最多勝利記録69勝にならんだ三浦皇成騎手が騎乗するドリームパスポート
勢いに乗る三浦皇成騎手と、今年は重賞勝ちに縁のない武豊騎手。
新旧記録ジョッキーの対決、楽しみですね。

明日は1レースから両騎手が騎乗するので、三浦皇成騎手がどのレースで新記録を達成するのかも注目です。

京都大賞典の前日オッズは春の天皇賞馬アドマイヤジュピタを抑えてアルナスラインが僅差で1番人気。
過去5年で1番人気は8連対、あとの2回も2番人気が必ず連対しているのでこの2頭ははずせない感じです…。

このレースはあまり荒れそうにないので3連単の3着狙いでアドマイヤモナークを応援。
そして、毎日王冠ではサクラメガワンダーを応援です。
三浦皇成騎手に乗り替わったドリームパスポートも気になりますが、まだどうするかは決めていません。

三浦皇成騎手の新記録達成が毎日王冠だったらドラマチックかも…。

 

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月10日(金)

毎日王冠(東京、GⅡ、芝1800m)、京都大賞典(京都、GⅡ、芝2400m)

081005_092301n 先週の阪神競馬場のお出迎えのポニー。
ハローウィンバージョンです。

いつもとっても眠そうで、ほとんど目をつぶっているのが可愛い。

今週と来週は東京、京都の2場開催。
メイン辺りでのバタバタは、ちょっとだけ軽減できそうです。
(何も無理して全部買う必要はないのですが、やっている以上は参加しないと。)

 

日曜日の東京メインは毎日王冠
天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップを目指す実績馬たちが夏の休養を経て始動してきます。

過去10年のデータでは4歳、5歳馬が4勝と抜けていて、6歳、7歳馬が1勝ずつですが、7歳馬は連対がこの1着1回だけ。
6歳馬は2着2回で、連対率では4歳、5歳馬とほぼ同じ数字でした。

そして春のGⅠに出走し夏を休養にあてていた馬が過去10年で8勝と優勢。
だだし、6ヶ月以上休んでいた馬は1頭も3着に入っていませんでした。
前走レースが宝塚記念や安田記念の馬が活躍しているようです。

このレースはウォッカが出走するので楽しみ。
ウォッカとの対決があるかな、と思っていたダイワスカーレットは天皇賞(秋)かエリザベス女王杯が復帰戦になるみたいですね。

 

京都大賞典は、過去10年の出走馬からその年の天皇賞(秋)の優勝馬3頭、ジャパンカップ優勝馬4頭がでているハイレベルな重賞。
過去10年での連対馬はすべて前走レースは重賞で、その中でも前走がGⅠだった馬は8勝、2着7回とダントツの成績。

前走がGⅠ以外のレースで優勝した2頭は、前走の朝日チャレンジCで優勝していた馬でした。

このレースでの注目は春の天皇賞馬アドマイヤジュピタ
右前脚挫跖(ざせき)のため凱旋門賞挑戦を断念、国内GⅠに目標を変更しての出走です。

凱旋門賞といえばザルカヴァ凄かったですね。
あんな後ろからあんな脚使われたら誰もついていけません…。

メイショウサムソンは10月8日に無事、成田空港に着いたそうです。
お疲れ様でした。

結果はどうでも日本馬が凱旋門賞に出走すると楽しいですね。
テレビ中継もしてくれるし。
また来年、誰かが行ってくれることを期待です。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (1)

2008年10月 5日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月5日(日)

スプリンターズステークス(GⅠ)の結果。

秋のGⅠ開幕戦、スプリンターズステークスは1番人気、上村洋行騎手騎乗のスリープレスナイトが勝ちました。

1着 スリープレスナイト(牝4、父 クロフネ  、母 ホワットケイティーディド  、母の父 Nureyev  )
2着 キンシャサノキセキ  (牡5、岩田康誠騎手、2番人気)
3着 ビービーガルダン (牡4、安藤勝己騎手、6番人気)

上村洋行騎手はこれがGⅠ初勝利でした。
本当におめでとうございます。

応援していたカノヤザクラは7着、シンボリグランは12着。
(私のメイン連敗はいつまで続くのでしょう…)
そして(私だけが)注目していた最低人気のタマモホットプレイは最下位の16着。
人気通りの着順でしたが、また来年も16頭立てのときは懲りずに最低人気をチェックしたいと思います。

今週で中山、札幌、阪神開催が終わり、来週からは東京、京都開催。
再来週は秋華賞、その次の週は菊花賞と京都での3歳GⅠが続きます。
何だか忙しくなってきました。

2008年札幌競馬では23勝で藤田伸二騎手が7年連続8回目のリーディングジョッキーに。
そして、同じ勝ち数で2位だったのは、今日のスプリンターズステークスでGⅠ初騎乗を果たしたスーパールーキーの三浦皇成騎手。
プレミアムボックス、14着)

先週は新人初の騎乗機会8連続連対を達成していたし、本当に凄い活躍振りです。
三浦皇成騎手は今年64勝、10月2日現在JRA全国リーディングの11位で、武豊騎手の新人年間最多勝記録の69勝まであと5勝と迫っています。
これからも三浦皇成騎手には大注目ですね。

来週は毎日王冠京都大賞典
どちらも、秋のGⅠ奪取に向かう馬たちが出走するレース。
とても楽しみです。

いよいよ凱旋門賞の発走が近づいてきました。
メイショウサムソン頑張って欲しいです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月4日(土)

スプリンターズステークス(中山、GⅠ、芝1200m)

今日の阪神のシリウスステークスは、6番人気、吉田稔騎手騎乗のマイネルアワグラスが勝ちました。

1着 マイネルアワグラス(牡4、父 ブライアンズタイム 、母 マイネプリテンダー 、母の父 Zabeel )
2着 ワンダースピード (牡6、小牧太騎手、1番人気)
3着 ダークメッセージ (牡5、佐藤哲三騎手、4番人気)

吉田稔騎手のJRA重賞勝ちは5年振りということでインタビューを受けていた吉田騎手の満面の笑みが印象的でした。

応援していたダノンビクトリーは9着…。
アイドルホースの白毛馬ユキチャンは残念ながら8着でした。

札幌2歳ステークスは横山典弘騎手騎乗のロジユニヴァースが1番人気に応えての勝利。

1着 ロジユニヴァース(牡2、父 ネオユニヴァース 、母 アコースティクス 、母の父 Cape Cross )
2着 イグゼキュティヴ (牡2、津村明秀騎手、5番人気)
3着 モエレエキスパート (牡2、山口竜一騎手、3番人気)

私が応援していた地方馬のモエレエキスパートイグゼキュティヴが2、3着でしたが馬連しか買っていませんでした。
(1着馬のロジユニヴァースは単勝4倍、怪しいので一番最初に消しちゃいました。)
直線半ばまでは、「そのままー」だったんですけどね…。
ま、楽しめたということで。

明日は秋のGⅠシリーズ開幕戦のスプリンターズステークス
去年は中舘英二騎手が本領発揮。
アストンマーチャンでの見事な逃げ切り勝ちから、もう1年も経ったのですね…早すぎます。

スプリンターズステークスと言えば思い出すのが、この時期に開催が変更された2000年のレース。
当時、難波のウインズ近くにあったハードロックカフェで(周りのちょっとお洒落なお客さんたちに引かれながら)、競馬お友達と競馬新聞を広げ、赤ペンを振り回し、1番人気のアグネスワールドから万馬券だけを狙って流そう、と話していたのに、最低人気のダイタクヤマトまでは手が出せず…。
(結果は単勝25750円、馬連25700円と買っていれば狙い通りの万馬券。)

競馬にまさかはないな、と改めて思い知らされたレースでした。

この時、勝ったダイタクヤマトは16頭立ての16番人気だったのですが、過去にこのレースが16頭立てだったのは6回で最低人気が3着以内に入ったのは2回あり、その内の1回がこのダイタクヤマトの1着で、もう一回は2006年の3着タガノバスティーユ。

今年もフルゲートの16頭立て。
今回は特に最低人気まで気を配りたいと思います。

過去10年のデータでは1、2番人気の3着内率はともに80%と高い数字ですが、勝ち数では4、5番人気の馬が1番人気の馬と同じ3勝と中位人気の馬も活躍しています。

前日オッズでは1番人気スリープレスナイトが1番人気になっていました。
(私だけが)注目の最低人気馬は今のところタマモホットプレイです。

タマモホットプレイをどう馬券に絡めるかは今から悩むとして、応援するのはカノヤザクラシンボリグラン

明日の関東方面は曇りから雨のマーク。
人気薄馬の激走の期待が高まります。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (5) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月3日(金)

シリウスステークス(阪神、GⅢ、ダート2000m)、札幌2歳ステークス(札幌、GⅢ、芝18000m)

明日は久々に土曜日の重賞。
阪神のシリウスステークスは、2005年までは1400m、2006年は中京の1700mで行われているのであまり参考にはならないかもしれませんが、現在の開催時期になった2001年からの7年のデータでは単勝1番人気が5勝、2着1回。

単勝1番人気が14着になった1回は中京での開催なので、阪神開催では連対率100%です。

今回は昨年の1~3着馬のドラゴンファイヤーラッキーブレイクワンダースピードが揃って出走。
昨年は3歳だったドラゴンファイヤーが負担重量53キロで勝ちましたが、今年は去年より3キロ増の56キロを背負います。
ラッキーブレイクは1キロ減、ワンダースピードは2キロ増。
今年の着順はどう変わるのでしょうね。

過去10年では4歳馬の連対数が8頭と最多ですが、ここ2年は連対なし。
2年連続連対している6歳馬が気になります。

このレースにはアイドルホースのユキチャンが参戦。
せっかく生でみられるチャンスだったのに明日は阪神に行けません…とても残念。

札幌2歳ステークスは、来年のクラシックを狙う馬たちが争う、この世代最初の中距離重賞。
過去10年では1番人気の連対は5頭、単勝5番人気以下の馬が6勝している波乱含みのレースです。
(ワクワク)

今年の出走馬は前走が新馬戦、未勝利戦、コスモス賞、クローバー賞だった馬たち。
過去10年の出走馬の前走レース別では、前走クローバー賞の馬は3勝3着2回で3着内率35.7%。

前走コスモス賞の馬は、2勝2着1回、3着2回で3着内率20.0%。
前走新馬戦の馬は、2勝2着6回、3着0回で3着内率21.1%。
前走未勝利戦の馬は、2勝2着2回、3着2回で3着内率18.2%。

前走クローバー賞の馬がやや優勢というところですね。

このレースで応援するのはホッカイドウ競馬から参戦のモエレエキスパートイグゼキュティヴ

シリウスステークスではダノンビクトリーを応援。
もちろんユキチャンも応援します。

この間9月になったと思ったら、もう10月。
メインの連敗を継続したまま、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。
月が替わってツキが変わることを祈るのみです…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »