« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月29日(日)

高松宮記念(GⅠ)、マーチステークス(GⅢ)の結果

スプリント王決定戦の高松宮記念は3番人気、藤田伸二騎手騎乗のローレルゲレイロ が勝ちました。

1着 ローレルゲレイロ (牡5、父 キングヘイロー 、母 ビッグテンビー  、母の父 テンビー )
2着 スリープレスナイト (牝5、上村洋行騎手、1番人気)
3着 ソルジャーズソング (牡7 、北村友一騎手、15番人気)

応援していたアーバンストリートは8着…残念。

中山のマーチステークスは、松岡正海騎手騎乗の1番人気、エスポワールシチーが勝ちました。

1着 エスポワールシチー (牡4、父 ゴールドアリュール 、母 エミネントシチー 、母の父 ブライアンズタイム )
2着 ダイショウジェット (牡6、 柴山雄一 騎手、13番人気)
3着 サトノコクオー  (牡5 、北村宏司騎手、2番人気)

応援していたエスケーカントリーは11着。
今日は応援馬も馬券に絡まず、一日中気温も低く、帰りも寒かったし、(心の)春は近いようで遠いです。

来週は荒れるハンデ重賞のダービー卿チャレンジトロフィー、GⅠを目指す古馬の戦い、産経大阪杯
来週こそは…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

サタうま! 700万馬券GETの法則
サタうま!万馬券倶楽部

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月28日(土)

高松宮記念(GⅠ、中京、芝1200m)、マーチステークス(GⅢ、中山、ダート1800m)

今日の中山のメイン、日経賞は4番人気の蛯名正義騎手騎乗、アルナスラインが勝ちました。

1着 アルナスライン(牡5、父 アドマイヤベガ 、母 エラティス 、母の父 El Gran Senor )
2着 マイネルキッツ (牡6、松岡正海騎手、7番人気)
3着 モンテクリスエス (牡4、柴田善臣騎手、3番人気)

応援していたマイネルキッツが2着。
…ですが、1着馬を買っていませんでした…残念。

阪神の毎日杯小牧太騎手騎乗の1番人気、アイアンルックが勝ちました。

1着 アイアンルック (牡3、父 アドマイヤボス  、母 ルカダンス  、母の父 ヘクタープロテクター  )
2着 ゴールデンチケット  (牡3、木村健騎手、12番人気)
3着 アプレザンレーヴ (牡3、内田博幸騎手、2番人気)

応援していたゴールデンチケットが2着。
でもなぜか馬連を買い損ねていて、的中したのはワイドのみとは…。
せっかく応援している馬が連対しているのに、馬券の調子がイマイチ。
(明日もなんだか自信がない…。)

明日は春のスプリント王決定戦、GⅠの高松宮記念

開催が3月になってからの過去9年の優勝馬は5歳馬が6頭、6歳馬が2頭、4歳馬が1頭で7歳以上の馬は優勝馬なし。
単勝人気では、4番人気が5勝、1番人気、3番人気がそれぞれ2勝、2番人気が1勝で、優勝馬はすべて4番人気までの馬でした。

中山のメインは第12レース、ダートのハンデ戦、マーチステークス
過去10年で馬連の万馬券が6回の波乱含みのレース、馬券的にはこちらに力を入れたいです。

3着以内の馬30頭中18頭が単勝10倍以上で、そのうちの14頭は5~8枠の馬。
穴馬は外枠が多いようです。

前日オッズでは、エスポワールシチーが単勝1番人気ですが、前走フェブラリーステークス組は16頭出走で1勝、3着2回。
あまり信用できる成績ではないですね…。

今回のトップハンデは58.5キロのアロンダイトですが、過去10年のトップハンデの馬は2勝、2着2回、3着3回の好成績でした。

マーチステークスではエスケーカントリー
高松宮記念では、アーバンストリートを応援です。

今日は、いよいよドバイ・ワールド・カップ。
ドバイ・ゴールデン・シャヒーンにバンブーエール、ドバイ・デューティー・フリーにはウオッカ、そしてドバイ・ワールド・カップにはカジノドライヴが出走します。
どのレースも楽しみですが、個人的にはカジノドライヴの走りに物凄く期待しています。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

サタうま! 700万馬券GETの法則
サタうま!万馬券倶楽部

| コメント (3) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月27日(金)

日経賞(GⅡ、中山、芝2500m)、毎日杯(GⅢ、阪神、芝1800m)

明日の中山のメインは天皇賞(春)の前哨戦、日経賞
過去10年では前走着順が3着以内だった馬が8勝、2着8回、3着7回と3着内馬のほとんどを占めていました。

1番人気、2番人気はともに3着内率70%、3番人気も3着内率750%と上位人気が強いですが、1番人気が4着以下に敗れた年は5番人気以下の馬が勝っていました。

明日はネヴァブションが人気になりそうですが、騎乗する横山典弘騎手はこのレースに8回出場して1着2回、3着3回の好成績。
(今年も堅いかも…。)

阪神のメイン、第10レースの毎日杯
過去10年のデータでは前走がGⅢだった馬が7勝、3着5回と活躍。
次いで、前走500万下組が2勝2着7回、オープン特別組が1勝、1着1回、3着2回、未勝利、新馬戦が2着1回、3着2回となっていました。

人気になりそうなのはアイアンルック
過去10年のデータでは1番人気の3着内率が80%と断然の成績。
(こちらも大荒れは期待薄…?)

このレースで応援するのはゴールデンチケット
日経賞ではマイネルキッツを応援です。
(高松宮記念の資金が増えますように…。)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月22日(日)

スプリングステークス(GⅡ)、阪神大賞典(GⅡ)の結果

皐月賞トライアル、スプリングステークス岩田康誠騎手騎乗の1番人気、アンライバルド が勝ちました。

1着 アンライバルド(牡3、父 ネオユニヴァース 、母 バレークイーン  、母の父 Sadler’s Wells  ) 
2着 レッドスパーダ(牡3、北村宏司騎手、8番人気)
3着 フィフスペトル(牡3、武豊騎手、2番人気)

このレース、父子制覇となったアンライバルド
弥生賞を勝ち、無敗で皐月賞に出走するロジユニヴァースとのネオユニヴァース産駒対決が楽しみですね。

応援していたサンカルロは4着、イグゼキュティヴは何と最下位の16着でした。
皐月賞で応援する馬がなかなか決まりませんが、このネオユニヴァース産駒たちの注目度が上ることで、リーチザクラウンが少し人気を下げてくれたら応援したいかも…。
(でも武豊騎手との馬券の相性は最悪なので危険か。)

10レース前から降り出した雨の中、テイエムプリキュアの大逃げで、大盛り上がりだった阪神大賞典は2番人気、四位洋文騎手騎乗のアサクサキングスが勝ちました。

1着 アサクサキングス (牡5、父 ホワイトマズル 、母 クルーピアスター 、母の父 サンデーサイレンス )
2着 ヒカルカザブエ (牡4、秋山真一郎騎手、6番人気)
3着 ナムラクレセント (牡4、小牧太騎手、4番人気)

最終レース後、パドックで行われていたレース回顧。
観覧するところは屋根があるのですが、四位騎手たちが立っているパドックは屋根がないので、JRAのお姉さんが傘を差しかけていましたが、結構な雨の降りようだったので、少し気の毒でした…。

応援していたエアジパングは8着。
(心の中で応援していたテイエムプリキュアは9着。)
…ということで今日は馬券もいいところなく終わりました。

来週はいよいよGⅠ、高松宮記念
土曜日には天皇賞の前哨戦、日経賞、3歳GⅠのステップレース毎日杯、日曜日にはハンデのダート戦、マーチステークスと多種多様のレースが満載。
楽しみです。

来週からは、前日発売が開始されるので、前日オッズも確認できて、馬券の検討がしやすくなりますね。

そして、来週から阪神のメインレースが第10レースになり、最終レースが30分ほど遅くなります。
(競馬中継ではこれを「プチはくぼ」と呼んでいると言っていましたが、私はこれを「残業」と呼んでいます。)

ということで今年は桜花賞も10レース。
JRAのHPでは「お客様に一日の競馬をより長く楽しんでいただけるよう」とありましたが、メインが10レースだと何だかややこしい…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

サタうま! 700万馬券GETの法則
サタうま!万 馬券倶楽部

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月21日(土)

スプリングステークス(GⅡ、中山、芝1800m)、阪神大賞典(GⅡ、阪神、芝3000m)

中山のフラワーカップは11番人気のヴィーヴァヴォドカが勝ちました。
村田一誠騎手が騎乗していました。

1着 ヴィーヴァヴォドカ(牝3、父 ダンスインザダーク、母 トウカイステラ 、母の父 トウカイテイオー ) 
2着 ディアジーナ (牝3、内田博幸騎手、1番人気)
3着 マジックシアター (牝3、吉田隼人騎手、2番人気)

応援していたダイアナバローズは5着でしたが何となく馬連が的中。
(馬単にしておけばよかったと、ちょっと反省…。 )

中京のファルコンステークス藤岡康太騎手騎乗の4番人気、ジョーカプチーノが勝ちました。

1着 ジョーカプチーノ (牡3、父 マンハッタンカフェ 、母 ジョープシケ 、母の父 フサイチコンコルド )
2着 カツヨトワイニング (牝3、大庭和弥騎手、12番人気)
3着 ルシュクル (牝3、佐藤哲三騎手、8番人気)

期待通りに荒れましたが…。
応援していたオメガユリシスは向こう正面で集団から遅れていたので、がっくり。
4コーナーでも最後方だったので、12レースの出馬表を広げていましたが、気がついたら5着になっていました。
(もうちょっと応援してあげればよかったか…とちょっと反省。)

阪神の皐月賞トライアル、若葉ステークスは2番人気、四位洋文騎手騎乗のベストメンバーが勝ちました。

1着 ベストメンバー (牡3、父 マンハッタンカフェ 、母 グレートキャティ、 母の父 サクラユタカオー )
2着 トライアンフマーチ (牡3、武幸四郎騎手、4番人気)
3着 トップカミング (牡3、池添謙一騎手、3番人気) 

応援していたテツキセキは14着…。
(馬券もまったく惜しくなかったので反省も後悔もなし。)

明日は、またまた皐月賞トライアル、スプリングステークス
優勝馬からネオユニヴァース、メイショウサムソンと2頭のクラシック二冠馬がでているレース。
なんとか馬券にからむ馬を応援したいものです。

過去10年のデータでは、連対馬20頭中17頭がキャリア4戦以上の馬。
そして芝のレースで2勝以上、勝率5割以上の馬が連対率32.6%の好成績を残していました。

過去5年で1番人気は2連対とあまり信用できない成績。
去年は6番人気、11番人気が1、2着の波乱でした。

天皇賞(春)に向けて古馬のトップホースたちが戦う阪神大賞典
過去10年の優勝馬はすべて前走で4着以内に入っていた馬でした。
連対馬のほとんどが、GⅠ勝ちか重賞連対の実績がある馬で、芝2400m以上のレースで勝っていた馬が活躍しています。

1番人気が6勝2着3回、2番人気は2勝2着4回、ここ5年でも3着以内の馬は6番人気までの上位人気馬で占められていました。

騎手では武豊騎手が5勝、3着内率100%の恐ろしい好成績ですが、明日はスプリングステークスフィフスペトルに騎乗するので、不在。
阪神大賞典で好成績を残している他の騎手も皆、スプリングステークスに行ってしまうので、騎手では選べなくなってしまいましたね…。

このレースで応援するのは、エアジパング
そして前走、日経新春杯を勝って、引退を撤回したテイエムプリキュアを心の中で応援です。

スプリングステークスではサンカルロと以前も応援したJRA転入後、第1戦目のイグゼキュティヴに頑張って欲しいです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

サタうま! 700万馬券GETの法則
サタうま!万 馬券倶楽部

| コメント (3) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月20日(金)

フラワーカップ(GⅢ、中山、芝1800m)、ファルコンステークス(GⅢ、中京、芝1200m)、若葉ステークス(オープン、阪神、芝2000m)

今週に入って一気に暖かくなり、この間梅が咲いたな、と思っていたら近所の桜がもう咲きそうな勢いです。
競馬場へ出かけるのが、より楽しい季節になってきました。

明日の3場のメインはすべて3歳戦。
中山のフラワーカップはトライアルではないものの賞金を加算して、桜花賞に出走できる可能性のあるレース。
過去の優勝馬には、このブログ名のオークス馬、スマイルトゥモローや、ダンスインザムードキストゥヘヴンシーザリオの4頭の牝馬クラシック優勝馬がいます。

そして去年の優勝馬は11番人気で秋華賞を勝ったブラックエンブレム
今年もこのレースの優勝馬は注目です。

過去10年のデータでは1番人気が4着以下だったのは1回だけ。
あとの9回はすべて3着以内とほぼパーフェクトな成績。

そして前走着順1着の馬が10連勝中で、中でも前走500万下組が7勝の好成績で、あとは未勝利戦組が2勝、オープン特別1勝で、前走重賞組からはまだ優勝馬はでていません。
明日は前走重賞で1着のディアジーナが人気になりそうですが、どうでしょう…。

阪神のメインは皐月賞トライアルの若葉ステークス
2000年に中山から阪神に移行してからの過去9年で出走馬からノーリーズンヴィクトリーの2頭の皐月賞馬がでています。

過去9年の連対馬は、1勝馬が5勝2着4回、2勝馬が3勝2着5回、3勝馬が1勝。
最多の5勝の1勝馬のうち4頭がキャリア2戦の馬でした。

中京のスプリント重賞、ファルコンステークスは3月に行われるようになってから3年。
データは少ないですが、優勝馬は前走500万下組2頭、オープン特別組1頭で、3着以内に1頭は前走重賞組がきていました。

そして3着以内馬9頭は、すべて2勝以上の馬。
ここ3年の3着内馬は6番人気以内ですが、中京の芝1200m、フルゲート、そして3歳戦。
いつ大荒れになるかわからないので、油断はできません。
私のみている新聞の印は、ばらついていてどの馬が人気になるか予想がつきませんが、専門予想紙の本誌の◎が一番多かったのはエイシンクエストだったみたいです。

このレースで応援するのはオメガユリシス
フラワーカップではダイアナバローズ、若葉ステークスはテツキセキを応援です。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

サタうま! 700万馬券GETの法則
サタうま!万馬券倶楽部

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月15日(日)

中山牝馬ステークス(GⅢ)、フィリーズレビュー(GⅡ)の結果

中山牝馬ステークスは4番人気、横山典弘騎手騎乗、キストゥヘヴンが勝ちました。

1着 キストゥヘヴン (牝6、父 アドマイヤベガ  、母 ロングバージン 、母の父 ノーザンテースト  )
2着 ピンクカメオ  (牝5、後藤浩輝騎手、15番人気)
3着 ダンスオールナイト (牝6、三浦皇成騎手、11番人気)

終わってみればGⅠホースのワン・ツー、そして3連単は1,394,370円とは…。
キストゥヘヴンはこのレースが引退レース。
(やっぱり引退する馬には気をつけないといけませんね。)

応援していたカレイジャスミンは12着でした。

そして、お気に入り馬のトールポピーは10着。
(今回はあまり期待していなかったんですけど、もう少し頑張って欲しかったです。)

桜花賞トライアルのフィリーズレビュー藤岡佑介騎手騎乗の6番人気、ワンカラットが勝ちました。

1着 ワンカラット (牝3、父 Falbrav 、母 バルドウィナ 、母の父 Pistolet Bleu )
2着 アイアムカミノマゴ (牝3、福永祐一騎手、3番人気)
3着 レディルージュ (牝3、鮫島良太騎手、15番人気)

こちらも3連単は668,740円の波乱の結果。

応援していたコウエイハートは中山牝馬ステークスの応援馬と同じ12着…。

昨日の応援馬は15着と14着…うう、絶好調です!(泣)

来週は牝馬クラシックへのステップレース、フラワーカップ、3歳馬のスプリント重賞ファルコンステークス、皐月賞トライアルの若葉ステークススプリングステークス、天皇賞(春)を目指す古馬の長距離戦、阪神大賞典と、注目レースが満載。
どのレースでも、1頭でもいいから1桁順位に入る馬を応援したい…です。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月14日(土)

中山牝馬ステークス(GⅢ、中山、芝1800m)フィリーズレビュー(GⅡ、阪神、芝1400m)

中京記念は15番人気、秋山真一郎騎手騎乗のサクラオリオンが勝ちました。

1着 サクラオリオン(牡7、父 エルコンドルパサー 、母 サクラセクレテーム、母の父 Danzig )
2着 ヤマニンキングリー (牡4、武豊騎手、1番人気)
3着 レッツゴーキリシマ (牡4、幸英明騎手、4番人気)

応援していたスウィフトカレントは15着。
期待通りに荒れましたが…残念。

桜花賞トライアルのアネモネステークス松岡正海騎手騎乗の4番人気、ツーデイズノーチスが勝ちました。

1着 ツーデイズノーチス(牝3、父 ヘクタープロテクター 、母 ユニバース 、母の父 ダンシングブレーヴ )
2着 アンプレショニスト (牝3、 後藤浩輝騎手、9番人気)
3着 レイナクーバ (牝3、勝浦正樹騎手、8番人気)

2着馬までが桜花賞の優先出走権を獲得しましたが、3着馬まで含めて、覚えにくそうな名前が揃っていますね。(申し訳ないけど、桜花賞までに忘れてしまいそうです。)

応援していたエイブルインレースは14着…うう。

気を取り直して、明日の日曜日の中山のメインは中山牝馬ステークス
牝馬限定のハンデ重賞、荒れる要素満載です。

過去5年で3着以内に入った2桁人気は4頭。
その4頭の馬のハンデは51キロ2頭、53キロ2頭、やはり軽ハンデの人気薄が狙い目。

過去10年のデータでは、京都牝馬ステークス組が5勝を含む3着内馬13頭と活躍、2005年から3年連続で1、2着を独占しています。

何となくザレマが人気になるかな、と思っていたのですが、専門紙本誌の予想で◎が1番多かったのはリビアーモらしいです。
予想外です。

阪神のメインは桜花賞トライアルのフィリーズレビュー、ここ2年連続で2桁人気が連対している、こちらも荒れる期待大のレース。
過去10年では前走重賞組が6勝、オープン特別組、500万下組がそれぞれ2勝。

前走重賞組で優勝した馬の6頭中5頭は前走で1着~5着の馬でした。

連対馬の勝ち数別では、3勝以上の馬が4連対、2勝馬が10連対、1勝馬が6連対と2勝馬が活躍しています。

明日はミクロコスモスが人気を集めそう。
騎乗する武豊騎手は明日が40歳のお誕生日。
今日は30代最後の日の重賞を勝つことができなかったので、きっと明日は狙っているはず…(?)。

このレースで応援するのはコウエイハート

そして中山牝馬ステークスではカレイジャスミンとお気に入り馬のトールポピーを応援です。

今日は中山が強風のため、発走時刻が大幅変更になっていて驚きでしたが、12レースの500万馬券にはもっと驚きでした…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

馬券革命 3 Light
メディアカイト

| コメント (2) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月13日(金)

中京記念(GⅢ、中京、芝2000m)、アネモネステークス(オープン、中山、芝1600m)

明日から始まる中京のメインは、ハンデ重賞の中京記念

過去10年のデータでは優勝馬10頭中7頭が3番~6番人気で、1、2番人気の連対は3頭だけ。
(波乱期待度大。)

ハンデ別では、53キロ~55キロの馬が13連対と活躍。
52キロ以下の軽ハンデの馬は3着まで1回もなし、トップハンデ馬は、2着1回、3着2回と苦戦しています。

馬齢別の成績では4歳馬が6勝、2着2回、3着1回でトップ。
続いて6歳の2勝、2着2回、3着2回、5歳の1勝、2着4回、3着3回。
7歳以上の馬は1勝、2着2回、3着4回と遅れをとってますが、3着内馬7頭中6頭は単勝10番人気以下。
人気薄の高齢馬には要注意ですね。

中山の10レース、桜花賞トライアルのアネモネステークス
過去9年のデータでは、前走重賞組が4勝、2着2回、3着4回、500万下組が3勝、2着4回、新馬、未勝利戦組が1勝、2着2回、3着4回、オープン特別組が1勝、3着1回、地方のレースを走っていた馬が2着1回という成績。

3着までに入っていた馬の重賞組の前走着順は1着~10着以下までと幅広く、3着内率にもあまり差がありませんが、重賞以外のレースを走っていた馬は、全てが前走3着以内の馬でした。

アネモネステークスエイブルインレース中京記念スウィフトカレントを応援。

明日のもうひとつの楽しみは阪神の障害の重賞、阪神スプリングジャンプ
前走GⅠの中山大障害を勝って重賞2連勝中のキングジョイが人気を集めそうです。
何事もなければ勝つと思われるので、相手になるべく人気薄の馬を探して応援するつもり。
今のところはドールリヴィエールあたりがいい感じかな、と思っていますが…。

いつも応援ありがとうございます!!
JRANK ブログランキング ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月8日(日)

弥生賞(GⅡ)の結果

皐月賞トライアルの弥生賞は1番人気、横山典弘騎手騎乗のロジユニヴァースが勝ちました。

1着 ロジユニヴァース (牡3、父 ネオユニヴァース、母 アコースティクス 、母の父 Cape Cross )
2着 ミッキーペトラ (牡3、田中勝春騎手、5番人気)
3着 モエレエキスパート (牡3、松岡正海騎手、7番人気)

ロジユニヴァースはこれでデビューから4戦4勝。
皐月賞では一番の注目馬になりそうですね。

応援していたアーリーロブストは6着…残念。

来週は中京開催が始まり、3場開催。
土曜日は中山で桜花賞トライアルのアネモネステークス、中京ではハンデ重賞の中京記念、日曜は中山牝馬ステークス、阪神の桜花賞トライアル、フィリーズレビューと忙しくなりそう。

特にフィリーズレビューは去年の3着馬、レジネッタが桜花賞で大波乱を演出して優勝。
今年もそんな穴馬がひっそりと出走しているかもしれないと思うと楽しみです。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

競馬手帳 うまのすけ2
スターフィッシュ・エスディ

| コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月7日(土)

弥生賞(GⅡ、中山、芝2000m)

今日の中山のメイン、オーシャンステークス(GⅢ)は横山典弘騎手騎乗の3番人気、アーバニティが勝ちました。

1着 アーバニティ(牡5、父 マンハッタンカフェ 、母 レガシーオブストレングス 、母の父 Affirmed )
2着 コスモベル (牝5、佐藤哲三騎手、6番人気)
3着 アポロドルチェ (牡4、勝浦正樹騎手、5番人気)

応援していたモルトグランデは6着でした…。

そして阪神のチューリップ賞は、安藤勝己騎手騎乗、単勝1倍台の圧倒的人気を集めたブエナビスタが勝ちました。

1着 ブエナビスタ (牝3、父 スペシャルウィーク  、母 ビワハイジ  、母の父 Caerleon  )
2着 サクラミモザ  (牝3、藤岡佑介騎手、7番人気)
3着 ルージュバンブー (牝3、小牧太騎手、8番人気)

応援していたイナズマアマリリスは8着でしたが、なぜか馬単と3連複が的中(喜)。
イナズマアマリリス、次はもっと人気が下がると思うのでまた次走に期待。

それにしてもブエナビスタは強かったですね。
安藤勝己騎手がレース後のインタビューで、
「サクラが粘ってたので少し焦りました。」
みたいなことを言っていましたが、そんな風には見えなかったです。
桜花賞が楽しみですね。

明日は皐月賞トライアルの弥生賞

過去10年のデータでは、前走1着馬が9勝、2着7回と断然の成績。
そして単勝1番人気の馬がが5勝、2番人気の馬が4勝、3着以内馬はすべて7番人気以内という上位人気馬が強いレース。

今年の出走馬は10頭。
どう考えても荒れそうな気配はありません…。

明日はセイウンワンダーロジユニヴァースが人気をわけあいそうですね。
弥生賞はコスモバルクが勝った時以来、馬券を獲れたことがないので今回も期待薄ですが、一応アーリーロブストを応援です。
(やる気はあるのか…?)

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月6日(金)

オーシャンステークス(GⅢ、中山、芝1200m)、チューリップ賞(GⅢ、阪神、芝1600m)

この間、節分だったのに気がつけばもうお雛祭りも終わってしまい、そろそろ桜の開花情報も…。
春のGⅠシーズンがどんどん近くなってきました。

明日の土曜日は重賞がふたつ。
中山のオーシャンステークスは高松宮記念の前哨戦。
オープン特別だった2005年以前を含む過去9年のデータでは、5歳馬が5勝、連対率30.4%とトップの成績。
続く4歳馬は2勝、連対率は14.3%。
6歳、7歳以上は1勝ずつで連対率は、それぞれ3.7%、2.1%と5歳馬が抜けた活躍ぶりです。

そして優勝馬が出ているのは1~3枠と7、8枠の内枠と外枠。
6枠は2着が3回ありますが、4枠は3着が1回、5枠は2着1回、3着2回という寂しい成績でした。

明日、人気を集めそうなキンシャサノキセキは5枠…。
実力でデータを覆すでしょうか。

阪神の重賞は過去10年の出走馬の中から5頭の桜花賞馬が出ている、桜花賞トライアルのチューリップ賞
過去10年のデータでは前走重賞組とオープン特別組が、1着馬7頭、2、3着馬17頭の好成績。

前走が条件戦、新馬、未勝利戦の馬には厳しい戦いのようです。

勝利数では3勝馬、1勝馬が6連対、2勝馬が8連対。
勝利数での成績はあまり変わらないですね。

オーシャンステークスは好成績の5歳馬からモルトグランデを応援。
チューリップ賞はお気に入り馬のイナズマアマリリスを応援です。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

競馬のツボ
安東 裕章

| コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 3月1日(日)

中山記念(GⅡ)、阪急杯(GⅢ)の結果

今日の中山記念は1番人気、横山典弘騎手騎乗のカンパニーが勝ちました。

1着 カンパニー (牡8、父 ミラクルアドマイヤ  、母 ブリリアントベリー  、母の父 ノーザンテースト  )
2着 ドリームジャーニー (牡5、池添謙一騎手、4番人気)
3着 アドマイヤフジ (牡7、川田将雅騎手、2番人気)

応援していたキャプテンベガは6着、お気に入り馬のドリームジャーニーは久々に連対しましたが、馬券はハズレ…残念。
でもドリームジャーニーが最後にいい感じで伸び、1着馬にクビ差まで詰め寄ってくれたので、次もまた期待したいと思います。

 

阪神の阪急杯は、安藤勝己騎手騎乗の7番人気、ビービーガルダンが勝ちました。

1着 ビービーガルダン(牡5、父 チーフベアハート 、母 オールザチャット 、母の父 Westminster )
2着 ローレルゲレイロ (牡5、藤田伸二騎手、3番人気)
3着 ドラゴンファング (牡4、武豊騎手、2番人気)

応援していたタマモホットプレイは10着。
今日は朝から珍しく競馬以外の用事で出かけていたので知らなかったのですが、 タマモホットプレイって最低人気だったんですね…10着、上出来です。

今日は今年の新人騎手5人のうち、小野寺祐太騎手(美浦)、国分優作騎手(美浦)、丸山元気騎手(美浦)、松山弘平騎手(栗東)の4人がデビュー。

小倉の1レースで松山弘平騎手が、初騎乗、初勝利を飾り、9レースでは早くも2勝目を挙げました。
競馬学校卒業生がデビュー日に2勝したのは1996年の福永祐一騎手に続いて史上2人目のことだそうで、今年も新人騎手の活躍が期待されますね。

そして美浦と栗東に分かれた柴田大知・未崎騎手以来のJRA2組目の双子の騎手、国分優作騎手、国分恭介騎手も注目されています。
弟の国分恭介騎手は26日に調教で落馬、デビューは延期されましたが、兄の国分優作騎手は中山1レースで初騎乗し、14着でした。

小野寺祐太騎手は初騎乗5着、丸山元気騎手は11着という結果でした。

昨日付けで石山繁騎手が引退されましたが、石山繁騎手といえばやっぱり印象に残っているのはサイコーキララですね。
デビューから4連勝で桜花賞に出走、1倍台の1番人気に支持されましたが残念ながら4着に終わりました。
あの時、もしサイコーキララが桜花賞を勝っていたら、名前もかわいいし、きっと大人気のスターホースになっていたでしょうね…。

いつも応援ありがとうございます。

JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »