« はみだし競馬ファンの週末日記 10月10日(土) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 10月17日(土) »

2009年10月11日 (日)

はみだし競馬ファンの週末日記 10月11日(日)

毎日王冠(GⅡ)、 京都大賞典(GⅡ)の結果。

ウォッカが逃げた毎日王冠は、

1着 カンパニー(牡8、横山典弘騎手 4番人気)
2着 ウオッカ(牝5、武豊騎手、1番人気)
3着 ハイアーゲーム(牡8、木幡初広騎手、10番人気)

でした。

ウォッカの1800m成績が0-2-0-0だったので、2着固定にし、1着にはカンパニーも入れていましたが、3着狙いで応援していたアドマイヤフジが6着…うう。
先週のGⅠにひきづづき、やっぱり1頭抜けています。
(敗戦の弁:8歳馬が2頭揃ってくるとは思いませんでした)

現地観戦の京都大賞典
天気が良すぎて、強すぎる日差しで頭がくらくらし、右手が日焼けして真っ黒になってしまいました。

1着 オーケンブルースリ(牡4、内田博幸騎手、3番人気)
2着 スマートギア(牡4、福永祐一騎手)
3着 トーセンキャプテン(牡5、四位洋文騎手、7番人気)

59キロでも来ましたね。
さすが菊花賞馬、力ありますね。
(勝ったからそう言ってますが、馬券的には人気馬の中で1番先に切りました。)

心の中で応援していたテイエムプリキュアは最下位の14着でしたが、気持ちよく逃げる姿は楽しめました。

 

今日、外の観覧席でレースを見ていたら、近くにちょっと気になる女性のグループがいました。
お姉さんと呼ぶのにはすこし抵抗のある世代のその女性グループは、競馬新聞を広げるでもなく、毎レース、本馬場入場をしてくる馬を狙ってカメラを向けていました。
…と思っていたんですが、彼女たちのお目当ては馬ではなく、特定の騎手だったようです。

それが判明したのは7レース、秋山真一郎騎手が勝って、ウィナーズサークルに登場したとき、「秋山サマよっ!」という声が聞こえ、思わずそっちを振り返りました。
すると、そのグループの女性たちは皆ハートの目をして秋山騎手をみつめていましたとさ。
「秋山サマ」…。

世の中には色んな「サマ」がいるのですね。

ちなみに他の騎手については岩田クン、幸クン、四位サン、祐一(福永騎手:呼び捨て!)とよんでいました。

さて、来週はいよいよブエナビスタの牝馬3冠がかかった秋華賞
とーっても楽しみです!

いつも応援ありがとうございます!!
JRANK ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

« はみだし競馬ファンの週末日記 10月10日(土) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 10月17日(土) »

コメント

秋山サマw
一人で秋山サマって呼んでるのであれば、わかる気がしますけど
団体で秋山サマw
何があったんでしょうか。
それともmixiとかで知り合ったんでしょうかね。
謎は深まるばかりです。

テイエムプリキュアは良い逃げでしたね。
来年の日経新春杯が楽しみになりました(気が早い)

>guiguiさん
その団体さんは最終レース終了後、荷物で膨らんだ
キャリーバッグをそれぞれ引きながら、「お疲れ様でした」
と挨拶をかわし、2、3人ずつに分かれて帰っていきました。
…やっぱりmixiかなにかで知り合って追っかけているのでしょうか。
謎は深まります。

テイエムプリキュアの逃げが一番楽しめた日曜でした(^^)
引退は来年の日経新春杯を走ってからにして欲しいですね。

投稿: guigui | 2009年10月12日 (月) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/293207/31745766

この記事へのトラックバック一覧です: はみだし競馬ファンの週末日記 10月11日(日):

« はみだし競馬ファンの週末日記 10月10日(土) | トップページ | はみだし競馬ファンの週末日記 10月17日(土) »