2007年6月28日 (木)

話題の「葉酸たまご」って、知っていますか?

葉酸たまご」、私は知りませんでした。

有名テレビ番組や新聞でも紹介されたそうなのですが…。出遅れました。

葉酸」という栄養素は、聞いたことがありますが、どんなものか詳しくは知らないので、少し調べてみました。

葉酸とは、ホウレンソウの葉から発見された、増血のビタミンとも言われる、水溶性のビタミンB群の一種だそうです。

赤血球やアミノ酸、DNAなどの遺伝物質の合成などをする、はたらきがあって、不足すると、貧血、口内炎、食欲不振などの体調不良をひきおこすという、とても大切な栄養素のひとつだということです。

妊婦さんには、特に必要で、妊娠時に葉酸が欠乏すると、子供の障害である「神経管閉鎖障害」の発症リスクが高まるというのです。

神経管閉鎖障害とは、妊娠の初期のころ、脳や脊髄などが作られる時期におこる先天異常で、下肢の運動障害、脳が形成不全となったりするものだそうです。

そのため、葉酸は、妊娠前から、きちんと摂取しておきたい栄養素で、もちろん、授乳期にも、赤ちゃんの発育には、とても大切だということです。

なんとなく、貧血予防に必要かな、ぐらいのイメージだった「葉酸」。

女性には、特に妊婦さんには、本当に重要な栄養素だということが、よくわかりました。

葉酸は、ホウレンソウなどに多く含まれますが、水溶性ビタミンなので、ゆでたりすると含有量は半分くらいになってしまうそうです。

それに比べて、「葉酸たまご」は、加熱しても葉酸の含有量は減少しにくく、いろいろな料理で、無理なく摂取できるのです。

葉酸たまご1個には、普通の卵の約3倍の葉酸 が含まれています。)

| コメント (1) | トラックバック (0)